新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

スモモジュース

友人の投稿を記録。
今年も作りたいから。

《材料》
1)すもも1パック(真っ赤に完熟するまでザルなどに上げて室温で2,3日置いておく)

2)すももと同量の砂糖または蜂蜜

3)水( 1と2を鍋に入れ、すももがかぶるくらい)

《作り方》

真っ赤に完熟したすもも、同量のお砂糖または蜂蜜、かぶるくらいの水を鍋に加え火にかけます。

沸騰したらそのまま1分待ち火を止め、3時間以上放置。

どんどんすもものエキスが出てきます。

皮と種を手で取り除き、実は裏ごしして鍋に戻します。

再び火にかけ70度で1分。熱いうちに、殺菌消毒した瓶に入れて出来上がり。

お好みで水やソーダで割っていただきます。(薄めすぎず濃いめがオススメ)

味も香りも良く、この季節のみずみずしさがギュッと詰まったジュースです。

裏ごしして残った実は、さらにお砂糖または蜂蜜を加えて煮、ジャムにしています。


10254033_935245939865539_3997032590280485916_n.jpg
スポンサーサイト
by tiny tree  at 11:08 |  レシピ・保存食 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

豆麹、ライ麦酵母、みりん

最近作ったものの写真など。

豆味噌仕込みは簡単だったけど、豆麹作りはちょっと大変でした。
豆を煮てから麹菌を付けるまで、いっぺんにできなくて(^^;)

豆は煮ずに、圧力鍋で30分くらい蒸かしたら、とても豆の味がしっかりしておいしかった。
のだけど、さめてから麹菌を付けるという作業をする暇がなく、さめてからまた煮直して、でもまたさめちゃって。。
でも完全にさめ切っちゃったままで麹付けやると、絶対傷む気がしたので、仕方ないので水をひたひたに入れてしっかり火を入れ直してから、ざるにあけて手早く冷まして、「麦こがし」で増やした菌を混ぜました。

豆は米よりはるかに傷みやすいので、心配だから麹菌を多めに使ったら…
翌日には見事に麹の花が咲きました!
豆麹

でも、フタ開けてびっくりしちゃった。
緑の菌かと思ってたら、真っ白だったから(^^;)

金山寺味噌用、ってやつを使いました。

醤油用の麹も作れないかなぁ。。
と、また無謀な考えが。。。


麦から起こす酵母は、強力粉でやったのは、少し膨らんではきたけど、イマイチ。やり方違ってるかも。
白神酵母で起こしたのをつないでる方は、なかなかいい感じ。膨らみはよくないけど、とっても味があっておいしい。
そして、ライ麦に水を入れた種にライ麦と水を足して行くやり方をこの前教えてもらってやってみたら、見事に発酵してる〜

酵母

 ライ麦粉50gに水50g入れてかき回して置いておく
→2日目も同じく、ライ麦粉50g、水50g 軽く混ぜる
→3日目も同じ

こんな感じ。暖かいところに置いておくとあったので、今は寒いので、1日ではなく2日くらい置いたり。
今は発酵が行き過ぎないように冷蔵庫に入れました。

まだパンは焼いてませんが。
パン焼くのが楽しみ♪


みりんは絞ってビンに移しました。

みりん

右から、上澄み、中程、沈殿層。
きれいなグラデーション(笑)

とても甘くておいしいみりんです♪

絞り切れてない、やわらかーい粕がたくさんできちゃった。
これで何作ろうかなぁ。

粕漬けは、長野に来てから大好きになったものの一つ。
普通にスーパーに、粕がでっかい袋でドカッと売られてるのを見た時は驚いたものです。

粕漬け

ハヤトウリの粕漬け。
晩酌する訳じゃないけど、、晩ご飯のお楽しみ〜
今大根も大量に仕込み中。

家族にはあまり人気なくて、食べるのは私ばかりだけど。。
by tiny tree  at 21:11 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

白みその作り方

<白みそ>…… 作り方は簡単でとてもおいしい
◆分量 豆 100g
    麹 200〜250g(豆の倍量程度)
    塩 30g(全量の5%程度)
 (全量 750g程度)

◆作り方 豆を水につけておく(一晩くらい)
     麹を水につけておく。(ひたひた程度。1時間くらい)
     豆を煮る。指先でもつぶれるくらいに柔らかく。圧力鍋で30分。普通のなべなら半日。
     豆を潰す。煮汁を切って、すり鉢などでつぶす。
     水を切った麹に塩を良く混ぜる。それを豆と混ぜ合わせる。(温度が下がってから)
     消毒した保存容器に入れる。熱がとれたら冷蔵庫に保管する。
     3日ほどで食べられます。

P1260043.jpg

おすすめレシピ
<冷や汁>鰹節、煮干しなどを粉にして(ミル等)、ごまと一緒にすり鉢でする。
     味噌をすり、水でのばす。そこに刻んで塩揉みしたキュウリやなすを入れる。
     刻んだみょうがやしその葉を浮かべるとよい。

<ごまみそペースト>
     練りごまと白みそをあわせる

☆麹は冷凍庫で1年ほど保存できます。

by tiny tree  at 20:36 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

コチュジャン、食べるラー油

相田百合子さんのレシピでコチュジャン作りました。

コチュジャン

レシピアップするのはどうなんだろう、著作権的に。。
ということで、やめときます。

ベースは酵母。
酒粕で起こした酵母を使いました。
そこに、レシピにはなかったけど、甘酒をたっぷり入れました。
前作った時もう少し甘みがあってもいいなと思ったので。
辛い!けどおいしいです。あと引く〜。ごはんが進みます。
相田さんは「パンに付けてもよい」と書いてます。

レシピには、味噌と豆味噌となってたのだけど、なかったので、味噌と白みそにしてしまいました。
豆味噌…はちょっと作るのハードル高いのだよな。。
でも食べてみたい。

パンにつけるのは、白みそが意外なおいしさで、最近はまってます。
そのままでもいいし、練り胡麻と混ぜるのも。
そこに胡麻油と黒こしょうを足すと最高。
白みそ


コチュジャンの後ろのビンはちょっと前に流行った食べるラー油。
あな吉さんのレシピベースだけど、出典先がわからなくなったので、記憶で作ってみました。

【食べるラー油】
煎り大豆
ごぼう
にんにく、しょうがのみじん切り
ごま
サラダ油とごま油半々


配合は適当。
煎り大豆とごぼうをフードプロセッサーでガーして、サラダ油でじっくり炒め、他の材料を入れて混ぜる。
ビンに詰めてごま油を適宜足す。

ネギもあればぜひ入れたい。

長男も来てるし、次男も学校休みで、あっという間にガンガン減ってます。
かなり辛くしたんだけどw

私「保存食研究家」と名乗ろうかなぁ、
と思うくらい、保存食系を作るのがなぜか好き。
子どもがいなくなったら、作れなくてフラストレーションたまりそう(笑)
(実際、三男と二人のときは、楽だったけど作れなくてつまらなかったです。その分、ミシンとかやってましたが)
だから、子どもがいなくなった後も食べてくれる人を確保しとかないと、と思うのです(^^)
by tiny tree  at 20:14 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

 発酵ライスミルク

友人からもらったライスミルク。
そのまま飲むのはイマイチ…
それで、甘酒と混ぜて発酵させてみました。

米グルトっぽくなるかなぁ、と思って。

12707128063_fef167d922_n.jpg

うん、なんとなく、近い感じ。

6歳児の反応は、値踏みするように一口飲んで、「お、うまいかも?」という顔をして、もう一口飲んで、もういらない。
でした。
子どもにはちょっと、大人の味だよね。

甘酒自体があまりうまくできなかったので(湯たんぽでやったらちょっと温度低めだった。。)、おいしい甘酒なら、多分もっとおいしいのだと思います^^;

発酵させた甘酒は絶品!!です

麹種買っちゃった〜

届いたら、麹作って味噌作ろう。
あ、豆が問題。
あまり高くなくてできれば有機のが手に入るといいんだけどな。
by tiny tree  at 13:17 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。