新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

化学物質から子どもを守る

先日、生活クラブの集まりで環境健康学インストラクターのお話を聴いてきて、感想をまとめたのでアップします。

さまざまな規制が行われているにも関わらず、化学物質による汚染は進んでいるのだと聞いて、ショック!!
貧しい国では、生分解性の良い農薬などは特許のため値段が高く買えず強い農薬が使用されたり、DDTPCBなどという猛毒の物質が未だに使われていたりするのだそう。
(DDTはマラリアのため、やむなく使用せざるを得ないが、人間に対する毒性は現在見直されつつもあるそう。PCBはずっと以前に製造は中止されてるけど、未だに蛍光灯などの製品に使われていて・・・それも多くは学校だったり!して、処理されずに野放しになってるのが実情←これは日本)

それは分解が遅いので気化して地球上を巡り、私たちにも影響を及ぼしているのです。
そして化学物質の影響を最も受けやすいのが胎児と乳児。だからお母さんが知識を持つことがとても重要だと思います。私も授乳中の乳児がいるので気をつけなければ!!と思いました。


私たちが日常できる防衛策
・ 魚は毎日は食べない(ダイオキシンは魚からの摂取が多い)汚染度の高い魚を避ける。
・ 調理法に気をつける。ゆでる、皮を剥く、油を落とす、内蔵は残す、など。
・ 缶づめに注意!(生活クラブのは対策済み)ビスフェノールA(環境ホルモン)が使われている。
・ プラスチック容器に注意!(ポリカーボネートの哺乳瓶、塩ビのおもちゃなど、特に口に入れるもの)
・ 抗菌、除菌、消臭、防虫などの薬剤は使わない。(蚊取り線香は大丈夫?)
・ 家の周囲の樹木の消毒、農薬の散布等にも注意。半年も蒸散し続けることもある。
・ 携帯電話は枕元で充電しない。長時間通話しない。子どもの使用はもってのほか!(16歳未満)・・・電磁場の影響。
などなど


知ることでリスクは減らせます。
また、エコバックやマイカップ等を使うことはプラスチック類を減らし、ゴミ削減=ダイオキシン削減につながるし、農薬を使わない野菜やお米を買うことも、化学物質を減らすことにつながります。
合成洗剤をやめて石けんを使うことも。
まず、私たちができることからコツコツ行うことが大切!

でも、みんなが意識を高めていかなければ解決しない問題も多いです。
だから、もしできたら、少し勇気を出して、例えば学校給食に「農薬を使わないものを使ってほしい」と声をあげたり、家の周囲での除草剤使用などをやめてほしいと声をあげたり(環境省からも住宅地においては「極力、農薬散布以外の方法をとるべき」と通知が出ているのだそうです)身近なところからしていけたらいいな、と思います。
きっと、そういう一歩が、世の中を変える大きな力になると私は思います。

一人では無理だったら、一緒に。
スポンサーサイト
by tiny tree  at 23:30 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

みつろうハンドクリーム

みつろうろうそく作りを今度行うので、ハンドクリームを少し作って持って行こうと思い、作りました。

「ハチ蜜の森キャンドル」のみつろうをたっぷり♡

みつろう・・・・・15g
ホホバオイル・・・30cc
ローズマリーインフューズドオリーブオイル・・10cc

ハンドクリーム

みつろうがかなり多めなので、かっちりかたいクリームになるのだけど、手に塗ると伸びがよくて、カバー力が高いので冬場手がひび割れてしまうような時にはとてもよいです。
みつろうがハチミツの甘?い、いい香りなので、香料なしでオッケー。
これはやっぱり「ハチ蜜の森キャンドル」のみつろうだからじゃないかな。
前に使った、白い化粧用のみつろうではこんなにつけ心地がよいとは感じなかったから。

みつろうろうそく作りは結構人気の企画で、今までに何回か行っていますが、私は毎回ここで材料購入しています。
品質の良さには定評があります。
たまたま、姉崎一馬の「わらだ屋敷自然教室」に(リーダーで)参加したときに、ここを紹介してもらって、日本で初めてみつろう販売を始めたところで、姉崎氏ともお知り合い(というか教室のすぐ近く)と聞いて、ますます気に入って。

・・・と、できたところで悦に入っていたのですが、しまったーー!大失敗!
半分は香料入れたいなぁ、と迷って、ベンゾインがハンドクリームにはいいようだからこれを入れて、もう1つくらい精油を混ぜたいなー、何がいいかな、迷ってるうちに、いいやオレンジにしよう、ハチミツとも香り合うし?
・・とオレンジを入れてしまいました・・・。
オレンジ入れたら、夜にしかつけられないじゃん・・・
半分は私の夜専用クリームになってしまいました。。
(固まる前に精油は入れるのですが、まだ温度が高い状態なので、かなり飛んじゃった感じはありますが)
いいや、乾燥肌がひどい次男に、風呂上がりいっぱいつけてやろう。

追記
ベンゾインとオレンジの香り、とっても良かった!
みつろうともあって、甘くていい?におい♡(甘い香りが好き)
顔に付けるにはちょっと固いのだけど、顔にも塗りたいくらいです。
by tiny tree  at 23:05 |  手作り石けん&コスメ |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

大根の葉っぱと人参の葉っぱ(2)

にんじんの葉入りのパンを焼いたので、画像をアップします♪

村上 祥子 さんの作り方
「自宅で簡単!天然酵母パン作り!」

電子レンジで発酵を助けるので、発酵時間が1次、2次とも10分ずつ、ぐるぐる混ぜるだけ、こね時間もなし!という超スピードで作れるパン。

やっぱり味は少し物足りないけど、ちゃんとパンが焼けるので、ベーキングパウダーで膨らませたものじゃなくて、イーストのパンが食べたい!今すぐ食べたい!というときにはとても便利。
人参パン

にんじんの葉、どうも買ってきたものは、家の畑でとれたものより香りが薄い気がする・・・
野性味がないのでしょうかね。。。

大根の葉、思いついてケチャップ味にしてみました。

なっぱ
ブラウンライス・カフェのレシピ『ホールフード』に切り干し大根をトマト風味でイタリアンにしたり、カレー味もたしかあったような気がするのだけど、そんなレシピが載ってたよなぁ、だったら菜っ葉でもいけるんじゃない?と思って。

豚ひき肉とニンニクをオリーブオイルで炒めてから菜っ葉も一緒に炒めました。

お味の方は・・まあまあ、特にヘン!ということもなかったです。
でも、子どもはやっぱりあまり食べないかな。
シンプルな、ごま油とじゃこと炒めたものの方は、意外に良く食べました。

そうそう、「離乳食」は1歳半くらいで完了するけど、子どもの食が完了するのはもっとずっとずっと後までかかるのじゃないか、とよく思います。12?13歳くらいでしょうか。
「うちの子は○○がきらい」とか「野菜は食べない」と決めつけてしまわずに、たとえ食べなくても、食卓にのせていくのって大事じゃないかなと思います。
私は「一口でいいから食べろ」と、無理にでも食べさせちゃうけど^^;
気長に、味覚が育ち、食の基本が身に付くことを待ちたいものだと思います。
テーマ: 料理 -  ジャンル: 趣味・実用
by tiny tree  at 21:39 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

石けん作りました♡

今日友人と一緒に、我が家で石けんの仕込みをしました。

前田さんがキングオブ石けん(?)と絶賛のオリーブ石けん
とアトピーに良い米油石けんの2種。



オリーブ石けん
 オリーブオイルのみ
 それにドライのローズマリー5g、ラベンダー2g強をパウダー状に挽いたものを混ぜたタイプ
と2種。



米油石けん
 米油350g
 オリーブオイル100g
 パーム油40g
 ココアバター40g
 パーム核油100g
 +米ぬか大さじ3程度

それをやはり2つに分けて、
 塩3g
 ドライのドクダミを挽いたもの3?4gくらい


計4種

米油石けんは、米ぬかがアトピーに効果があるという研究結果が出たという記事を読んだので、友人のお子さんに作ってあげたくて。
米油はとても溶け崩れやすいので、ココアバター多めで設計してみたけれど、どうなるかなぁ。

画像は後日アップします♪
by tiny tree  at 22:47 |  手作り石けん&コスメ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

大根の葉っぱと人参の葉っぱ

先日友人宅で、大根の葉っぱ、炒めて食べるくらいしか知らない、というような話をしたことを思い出したので、レシピを載せてみます。

にな

新潟の郷土料理、煮菜(にな)。
酒粕とみそで味付けをします。
(こんな感じ 煮菜
すごく地味?な煮物で、子どもたちは全然手をつけないのですが、母方の実家が新潟で、私は懐かしく、冬になると時々食べたくなります。
たいていは漬け物の菜っ葉(何でも良い)を塩抜きして食べるようですが、我が家は大根やかぶの菜っ葉で作ります。
打ち豆(大豆を煮えやすいようにつぶした乾豆)と油揚げが入ります。
今日は打ち豆がなかったので、レンズ豆で代用してしまいました^^;
やっぱりちょっと物足りない。
だしに昆布と、こんにゃくと大根も少し入れました。

家庭の数だけ作り方がある料理のようなので、作り方は適当でいいのです。^^;

今日買い物に行った自然食品の店には、葉付き人参しかなかったので、それを買ってきました。
なので、ついでに人参の葉の食べ方も。
かきあげ人参

桜えびを混ぜてかき揚に。
玉ねぎも混ぜました。
少量なので、卵は入れず水と小麦粉、それに片栗粉を混ぜるとさくっとあがります。
素あげにしてもおいしいです。

やわらかいところを取り分けて、さっとゆがき、白和えにも少し混ぜてみました。
人参

香りがとても良いです。
1歳の子が気に入ってよく食べました。甘いからでしょうね。

それから、人参の葉はパンに混ぜて焼くと、ハーブパンのようでおいしいです。
刻んだ葉先大さじ1杯程度で十分なので、たくさん消費できませんが。

ついでにこの前食べた菊。
これも新潟でよく食べた、おばあちゃんちの味。季節になると1度は食卓にのせたくなるものの一つ。
独特の香りと、何と言うか、油気が少しあって、おいしいのです。
甘酢をかけると色も鮮やか。
菊

昨日は大根の間引き菜が大量にあったので、お好み焼きのようにして食べました。
豚のひき肉入りのものと、桜えびとごま入りのものとつくり、チヂミのたれのような甘酸っぱいたれに、大人はコチュジャンをつけて食べました。
これだと、わしゃわしゃした食感もほとんど感じず、普段は全然食べない子どもも食べてくれ、大量に消費できるのでおすすめです。
マヨネーズと醤油のたれなんかでも合いますね。

次は、煮菜のようにみりんとみそで甘辛く煮て、水分が飛ぶまで煮付けて、そば粉入りのお焼きの具にしてみようと思います。
そうそう、さっとゆでた菜っ葉を、塩揉みして浅漬け風にしたり、それをご飯に混ぜて菜飯にしてもおいしいですよね。

生協などで届くせっかくの減農薬栽培のお野菜や、畑でとれた野菜、立派な青々した葉っぱがついてても、持て余して黄色くなって捨ててしまうことも私もよくあるので、がんばっていっぱい食べよう!と思います♪

うーん、でも、「レシピ」ではないですね ^^;
ま、ちょっとでも参考になれば・・・
by tiny tree  at 21:24 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

タルトタタン

ずっとずっと、作りたかったタルトタタンをようやく作りました。

タルト生地を冷凍庫に入れたまま数ヶ月が過ぎ・・・それを解凍してから数日が経ち・・・(^^;)

皮付きの紅玉で作りました。
先にリンゴだけ1時間もかけて煮てからタルト生地をかぶせてさらに焼くというレシピだったので、ケーキ型ではなく、厚手の鉄鍋で、直火にかけてやってみました。
見た目はイマイチですが、リンゴの味が濃厚でおいしい?!
材料はほとんど同じなのに、アップルパイとはまた違った味わい。

タルトタタン

もうちょっと、写真が上手に撮れるようになりたいものです・・・^^;

普段のおやつはリンゴの丸かじりとか(笑)、手をかけたものは作らないし、なるべくならマクロビオティック的なものを・・と思っていますが(思うばかりですが・・・)、時々ならこういうのもいいな、と思います。
by tiny tree  at 11:37 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

バスフィズ

先日、生活クラブ生協の集まりでバスフィズの作り方をお教えしました。

教える、ってほどのことはないんだけど、結構喜んでもらえたようで、良かったです♡

重曹大さじ2?3、クエン酸大さじ1、を混ぜ、コーンスターチ(私は片栗粉で代用)大さじ1をつなぎにして、ごく少量の水で湿らせて形作ります。
お好みで精油を1回につき3滴ほどになるように入れます。
重曹とクエン酸でシュワシュワ発砲入浴剤のできあがり♪

その日の夜、「さっそくお風呂で使ってみたけど、肌がツルツルになって、気持ちいい!髪もサラサラになった」と友人からメールいただきました。

バスフィズ
これはシリコン型で形を作りました♪

作ってから1?2日置いておくと、カチっと固まります。

重曹は、疲労回復、血行促進に良いそうです。
重曹を入れるとお湯がぬるっとした感じになり、軟水に近くなるような気がします。

バスソルト
ついでに↑バスソルト
黄色はジュニパーベリー入り。色がイマイチだったので、ターメリックを少々足してしまいました。
ピンクは庭のブラックベリーで色をつけてみました。

塩は肌を引き締めてくれるので、肌がプリプリになるような感じが私はします。
塩で顔や体を洗うのもおすすめです。
海に行くと傷の治りが早かったりしますが、そんな効果も期待できそう。
血行を良くし、体を芯から暖めるので、これからの季節にはいいですね。
デトックス効果もあるそうです。
デトックスで行うなら相当量入れないと効果が実感できないようですが、少量でも、体が温まり湯冷めしにくくなるという実験結果もあるようです。

ゆずの皮など柑橘系の香りの成分にも血行促進効果があるそうで、合わせて使うといいかも。
特にグレープフルーツが効果が大きいそうです。
ただ、柑橘系は人によっては刺激になる場合があるのでパッチテストをしてからの方がよいです。

それと、残り湯を洗濯に使うのには、塩の量が多いと石けんの場合、泡立ちが少し悪くなるかもしれません。
重曹は全く問題ないです。むしろ、皮脂汚れを落とす力があるので入っているといいくらいです。


by tiny tree  at 02:04 |  手作り石けん&コスメ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

クエン酸リンス

石けんシャンプーにはお酢のリンスがgood

洗面器一杯のお湯に、おちょこ1?2杯のお酢を入れるだけ。
『お風呂の愉しみ』の前田京子さんおすすめは木いちご酢。
ラズベリービネガー(緑が丘イオンの「KALDI」にありました♪)
とってもいい香り!
髪がさらさらになります。
弱酸性水が肌にもいいので、あがるとき体にもかけてしまいます。化粧水いらずです。

普通の酢には、ハーブを漬け込むとハーブのにおいで中和されます。あるいは、精油で香りを付けても。
それでも酢のにおいが気になる人はクエン酸水を作ると良いです。

<クエン酸リンス>
100mlに5gのクエン酸を溶かす。
(お酢と同じ酸度5%になる)
これも同じように、洗面器1杯の湯におちょこ1?2杯入れて使います。
ローズマリービネガー ローズマリービネガー


これは米酢にドライのローズマリーをたっぷり(8g←かなりのかさです)漬けて濾したもの。

実は、クエン酸水にカモミールとラベンダーを漬けたものは、澱が出て、それがどういうわけか水面にあがってきて、それにカビが生えてしまいました!
いい香りだったのだけど、あまり使わないうちに捨てるはめに・・・
なので、特にハーブなどを入れる場合はもう少し酸度を高くした方が日持ちがするかもしれません。

小幡さんのレシピでは、
精製水150ml クエン酸大さじ5
で、1リットルの湯に小さじ1入れる、とあるので、そのほうが日持ちという点では使いやすいかも。
でも、小さじ1って結構少ないので、ちゃんと計った方がいいかもしれません。
あまり酸性が強いと、髪に良くないでしょうから。
by tiny tree  at 15:51 |  手作り石けん&コスメ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

石けんの良さ

石けんの良さを、ぜひ多くの人に知ってほしいと願っています。

人間は体の70%が水分でできています。
生き物とは水の固まり、なのです。
その水分が蒸散してしまわないように表面に張られた薄い油の膜、それが皮膚。
だからあまり洗いすぎ、皮脂をとりすぎるのはよくないのです。

石けんは、洗浄力には優れていますが、水に薄まると界面活性作用をすぐに失ってしまいます。だから体に与える影響が少ない。
それに対して、合成洗剤は、薄まっても作用が持続しやすいので、洗浄剤としての使い勝手は良いのですが、皮膚の表面に残って作用を及ぼし続けるので、手あれなどを誘発しやすいです。
合成洗剤の成分の幾種類かは、「環境に影響を与える恐れがあるため、環境中に放出する際にはその使用量を国に届け出る」と決められたPRTR法により、「第1種化学物質」に指定されています。水生生物にも悪影響を与える恐れがあるのです。

肌にも、環境にも優しい石けん。
使いこなすには一工夫いるけれど、ぜひ石けんファンが増えてほしい!と思います。

(市場に出回っている多くのシャンプーや洗濯用洗剤、台所要用洗剤、ボディーソープなどなどには、歯磨き粉にまで、合成洗剤が使われています。
商品の裏を見ると表示があります。
石けんは、「純石けん分」とか「脂肪酸ナトリウム」などという表示。
合成洗剤の場合は、たくさんありますが長い名称です。
上に上げた「第1種化学物質」にあげられているのが
「直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(LAS)」や「ポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE)」など)
by tiny tree  at 14:34 |  手作り石けん&コスメ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ココアマーブル石けん

マーブル石けん
冬に向けて作ったココアバターたっぷりのマーブル石けん。
前田さんのマルセイユ石けんがベース。
四角い方にはアーモンドパウダーも入れて、さらに保湿力アップ。

マーブル模様、思ったより難しかった。
茶色はココアとシナモン。
アーモンドパウダーの香りも結構して、無香料でも甘?い香り。
洗い上がりは、すごいしっとり!いい感じ♡
by tiny tree  at 09:27 |  手作り石けん&コスメ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。