新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

大根カレー、生ブロッコリーサラダ

お野菜のみで、すごくシンプルなのにアイデアが斬新で、いつも「作ってみたい!」と思うレシピを毎日更新しているブログ『vage dining 野菜のごはん』

昨日は「大根カレー」を作ってみました。

大根カレー

水を1滴も使わずに大根おろしの水分だけで煮ているので、大根の味が凝縮されています。
じわっ?とおいしい。
私はこれ大好き!です。
夫や子どもは、大根の苦みが気になるそうなので、皮を厚めに剥いたらいいかも。
カレー味だけじゃなくて、色々応用もできそうです。
サモサや中華まんの具にしてもおいしそう。

izumimirunさんのレシピで圧巻だったのは「にせ明太子のたらこスパゲティー」

どうしてもこの日、白福金時豆のたらこスパが食べたくて、でもアマランサスがうちになかったので、もちアワで代用して作ってみました。

豆めんたスパ

もちアワなので粘りが出ちゃって、ちょっとタラコっぽさはイマイチだけど、アンチョビを入れたら味はすごくタラコっぽい!
(色々調べてちょっとレシピをアレンジしちゃいました)


それと、相田さんのブログで見た、気になる記事。
アメリカ人はなんと、ブロッコリーを生で食べるのですって!
それで、サラダをつくってみました。

プロッコリ生サラダ

畑でとれたブロッコリーと冷凍のコーンとりんごと甘夏、みじん切りタマネギ少々をマヨネーズとりんご酵母と塩こしょうで味付け。
紫タマネギやパプリカはなかったのでありあわせのもので。

うーん、ちょっとわさわさするキャベツって感じ?
生だから特別おいしいという感じでもないけど、思ったより癖がなかったです。
塩を一振りして、ほんの少しレンジで加熱したら、おいしくなりそうな気がします。

ブロッコリーって食べ方にあまりバリエーションがないので、研究してみる価値はありそうです。
スポンサーサイト
by tiny tree  at 17:06 |  レシピ |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ピールの講座

今日はピールの講座

講座

色々なピールを用意して味見してもらいました。

鍋で煮詰めるタイプのもの、シロップの糖度を上げるタイプ、それぞれの砂糖をまぶしたもの、まぶさないもの。
皮の剥き方で、外側を薄く剥いたもの、逆に中のワタをこそげたもの。
手前の黒いのは、チョコレートコーティングしたもの。
ハート形に抜いたらバレンタインにぴったり。

ピール講座 

ハートチョコピール

みなさん、おいしいと言って下さいました?
が、説明が下手でしたね・・・
準備はしたつもりだったのに、料理って工程が多くて、道具があちこちに入ってるし、細かいものまで全部手元に用意しておかないとスムーズに説明ができないということがよくわかりました。
クラフトとは勝手が違いますね・・・

スタッフが作ってくれた甘夏のお寿司
すし酢の代わりに、甘夏の絞り汁を使うというぜいたくなチラシ寿司
しらすがよく合います。
春めいたさわやかな味。

甘夏スカッシュもおいしかった
甘夏の絞り汁を炭酸飲料で割ったもの。
ちょっと大人のジュース。

すし

夏みかん酵母で作ったライ麦パンも焼いていきました。
中種と、さらに水の代わりに酵母液を使うというダブル使用。
膨らみ具合はちょうど良かったです。

ピールパン

ピールパン2

強力粉      300g
ライ麦粉     30g
酵母中種     165g
酵母液      155g
塩         5g
黒砂糖       30g
ピール、レーズン、アーモンド、くるみ 適量

1次発酵 発布スチロールにマグカップ1杯のお湯と一緒に入れて10時間くらい
2次発酵 オーブンの発酵機能で1時間20分くらい
200℃で20分、180℃で30分


先週焼いたライ麦パンは2度継いだ中種を使ったのだけど、全然膨らまなかった。。
3度継いだらだいぶ元気になって、膨らんでくれました。


今日は委員長がお子さんもご自身もカゼでお休み、リーダーのうちのお子さんも学級閉鎖で早帰り、私も鼻も喉も痛くてヤバい感じです。
カゼはやってますね、みなさんお気をつけて。
by tiny tree  at 21:09 |  講座 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

おにしめ

最近、裁縫などをやる余裕がなく、食べ物の話題ばかり(笑)
お気に入りのブログも、なぜかベジタリアンのレシピブログが多く、見れば作ってみたくなるのです。

で、つくってみました。
あな吉さんの「あっという間!ゆるベジ筑前煮」
ゆるベジなキッチンより

にしめ

みりんもだしも使わず、おしょうゆと少量の塩のみの味付け。
意外なことに、しっかりおいしい。
野菜の味が力強い。
1歳児は高野豆腐が気に入ってました。

でも、これは、野菜と調味料がいいものでないと、ごまかしがきかないでしょうね。
というか、いいものを使えば違いが際立つだろうなと思います。


豆腐を使った「レモンムース」もつくってみました。

豆腐チーズケーキ

といっても、レモンがなかったので夏みかんで代用したので、皮が少し少なめだったかな?
あまり入れるとぴりぴりするので。
一瞬豆腐のにおいがするけど、二口目からは全然大丈夫でした。
ソースに夏みかんのジャムをかけて。
レモンが届いたらまた作ってみよう。

豆腐のクリーミーさはとてもいい感じ。見た目にもすっごくおいしそう。
練りごまとかを入れてあんこかけたりするのも合いそうな気がします。
by tiny tree  at 17:37 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ワッフル

実は、昨日は私の誕生日。
ずーっと欲しかった、ワッフルメーカーを誕生日プレゼントで買ってもらいました☆

で、昨日からワッフル三昧(笑)

ビタントニオの2009年プレミアムセット!
ワッフルのプレートの他に、タルト型とパニーニプレートというのがついてます。

ワッフル

昨日は夏みかん酵母のリエージュワッフル
天然酵母ワッフ

強力粉   140g
塩      3g
砂糖     25g
スキムミルク 8g
酵母    100g
水   90?100g
卵      30g

自家製酵母でパンを焼く参考
ざらめはなかったので砂糖で。


おいしかった?♡
しあわせ?^^

クリームはぶつぶ雑穀スイーツつぶプルクリーム作ってみたのですが、ひえが粉ではなく粒だったので、ミルで粉にしたのを使ったら、つぶつぶが残っててなめらかなクリームになりませんでした・・・
味はまあまあ。りんごジュースの味。(あたりまえ・・・りんごジュースとひえだけなので、材料は)

今日はヨーグルト酵母でブリュッセルワッフル
ワッフル2
強力粉   100g
薄力粉   100g
砂糖     60g
塩      2g
卵      2個
牛乳    100cc
酵母    100g
バター(マーガリン)50g


ワッフルメーカーについてたレシピで作ってみました。
マーガリンを使っちゃった。(バターだと胸焼けしてしまうのです)
ま、たまにはいいよね。

ソースはキウイで。

生地も1次発酵だけだし、5分くらいで焼き上がるし、簡単で、おいしい!
すごくリッチなおやつが手軽にできちゃう、って感じ。

さらに、今日の晩ご飯はモッフル。
お餅をワッフルメーカーで焼きます。
ひき肉の辛みそソースとツナのトマトソースをパパが作ってくれました♪
子どもたちにも大好評でした。

あ、昨日の晩ご飯は、私の誕生日ということで、7割方長男が作ってくれました。
なんだかんだ、私も台所に立ってましたけど。
メニューは梅かつおや卵や納豆、たくあん、お刺身は1種類だけの質素な手巻き寿司(笑)
食べ過ぎちゃうから、これくらいがちょうどいいね。

家族で食卓を囲め、誕生日を祝ってもらい、しあわせなことです(^^)
by tiny tree  at 23:02 |  レシピ・天然酵母パン |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

酒粕酵母パン

黒豆入り酒粕酵母の玄米パン

酒粕酵母パン

テンペと菜っ葉(大根葉)のお焼き
おへそがある方はあんこ(練りごま入り)
これも酒粕酵母で。
おやきテンペ

先日、本屋で、走り回る息子を追いかけ回しながらちらりと見た天然酵母パンのレシピ本が「これ、いいな」という感じで、誰が書いてるんだろうと思ったら、相田百合子さんでした☆
プロフィールを見たら、生活クラブ生協のワーカーズコレクティブで講師をしてるとのことで、な?る、道理で私と相性いい訳だわー♡(生活クラブ大好きなのです)

それで『自家製酵母のおいしいパン』買ってきました。
リーンなパンもたくさん載っていて、Goodです。
ブログはこちら。「相田百合子の地球丸かじり」

パンが作りたくてしょうがない今日この頃。
なかなか時間がとれないのですが。

酒粕酵母は使えるな?、という感じです。

さlけかす酵母

わが家の寒さでも元気。
酒粕酵母 なかだね

発酵に時間をかけすぎると酸っぱくなってしまいます。
でも今時期はほんとに時間がかかって、それでも膨らまなかったり。
時間が読めない・・
だけど、この味わい深さには代えられない!
by tiny tree  at 16:05 |  レシピ・天然酵母パン |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ピールを使ったお菓子

ヨーグルト酵母で、ピールとレーズン、干し柿も入れて、ドライフルーツバーを作ってみました。

ほとんど膨らまない、ずっしり重い生地にドライフルーツやナッツがぎっしり。
こういうの大好き!

口に入れると、柑橘の香りがぱ?っと、さわやか。
これはクセになるおいしさ。
オレンジ系はアロマでも気分を前向きにしてくれる効用があるし、漢方でも「陳皮」は使われているので、基本的には体にいいのかも・・・砂糖が多すぎなければ。

ドライフルーツバー

全粒粉  125g
強力粉  125g
酵母   100g
水    30?40cc
塩    4g
レーズン 30g
ピール  40gくらい
干し柿  1個
くるみ、アーモンド 20?30gくらいずつ


あまりこねずに材料をざっとまとめただけで、一時発酵。
一晩保温箱の中へ。
ほとんど膨らんでませんでしたが、ベンチタイムを20?30分とって、切り分けたら、1時間くらい2時発酵して、200℃で7?8分、180℃で12?3分焼きました。
焼く時粉をたっぷり振ると、ドライフルーツが焦げ付かない

『自家製酵母のおいしいパン』参考




他にも、ピールを使ったお菓子としては
マーマレードやクッキー、パウンドケーキ
チョコチップと相性がいい。
ココアの生地に混ぜるのも。

ビスコッティー、ナッツたっぷり

地粉と酵母を使った、レーズンやクルミ、アーモンドと一緒にライ麦パン、全粒粉のマフィンなど

シュトーレン

などなど

ゆずやキンカン、レモンのピールも良いですね。
キンカンは小さいし、皮にえぐみがないので、さらしたり湯でこぼしたりしないで、半割とか輪切りでピールにするのもいいと思います。

それとマーマレードもおいしい。
これも、パンに付けるだけじゃなく、チーズケーキにかけたりパン生地に混ぜ込んだり、お菓子にも色々使えますね。


お砂糖たっぷりで、嫌厭される向きもあるかと思いますが、こんな、生地に砂糖が入ってないものに、お砂糖代わりに使うのはありかな、と私は思います。

毎年、生活クラブ生協で取り組んでいるきばるの甘夏は、水俣の公害で生活の糧を失った漁師さんが陸にあがって始めた生産を、食べることで支えよう、というところから始まっています。
公害被害者である自分たちが、農薬を使うことで加害者にならない、という決意から、減農薬栽培に取り組んでいます。

せっかくの皮まで安心な甘夏を、無駄なく使いたい。

ピールを煮るまではちょっと無理・・・という人は、お風呂に入れたり、皮をピーラーで薄く剥いてレモンやゆずのように使ったり、というのはどうでしょう。(ちょっとあくが強いですが)
お風呂に入れると体を温める効果があるようです。
ただ、人によっては、あるいは入れすぎでも、ぴりぴりする場合があるので、その時は中止して下さい。

この香りをかぐと「ああ、甘夏の季節がやってきた?」と思います。
by tiny tree  at 21:48 |  レシピ・天然酵母パン |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ピール作り方<シロップの糖度を上げていく作り方>

<分量>
柑橘の皮 適量(3?4個、300gくらいが作りやすい)
砂糖(グラニュー糖) 皮の重さの1.5?2倍程度

*お鍋はステンレスかほうろうのものがよい。

<作り方>
ピールの作り方<煮詰めるタイプ>の(1)?(4)まで同じ。
皮の重さは剥いてすぐに計っておきましょう。

(5)柔らかく煮た皮は、切らずにざるにあげておく。
鍋に300ccの水を入れ、砂糖200gを煮とかす。
砂糖が溶けたら皮を入れ、4?5分火を通す。

(6)煮沸して水気を切ったビンに皮をきっちりつめ、シロップを上から注ぐ。
1日に1?2度ビンを揺すって、3?4日おく。

ピール瓶詰め


*皮が水面から出ているとカビが生えやすいので、なるべくビンに押し込んで出ないようにします。
でも、柔らかいので、破れないように注意。


(7)3?4日たったらシロップだけ鍋に取り出し、火にかける。
残りの砂糖の半量(120?150gくらい)を入れ、煮る。
ぐらぐら煮立ったシロップを熱々のうちに皮の入ったビンに注ぐ。

ピール1

*シロップがビンに残らないように取り出します。

(8)2?3日後、これをもう一度繰り返す。

(9)さらに糖度を上げるため、もう一度シロップを鍋にとり、煮詰める。
最初の半量以下くらい、どろっとはちみつくらいの粘度になるまで、弱火で焦がさないように煮て、熱々のうちにビンに戻す。

*水分量が少なくなっているので、シロップから出た部分にシロップをかけるように、時々ビンを揺すってあげます。

(10)1?2日後、オーブンシートか金網の上に広げて干す。
私は日に当ててしまいます。

ぴーるほす

(11)1?2日して表面が乾いたら、細く切り分ける。
しっかり乾燥したら、冷蔵庫か冷凍庫で保存する。

*今のように気温の低い時期は大丈夫ですが、気温が高くなると、水にさらしっぱなしにしていたり、ビンを揺すってあげないと(砂糖が入っていても)カビが生えたりしますので、ご注意。

この方法だと、鍋に張り付いていないといけない煮詰める方法と違って、空いた時間にちょこちょこできますが、できあがるのに1週間以上もかかるので、どちらかというと私は、煮詰める方が楽な気がします。
でも、なんとなくこの方が、よく仕上がる気がして、私は好きです。
あまり煮詰めないからか、香りが残りやすいような気がします。
by tiny tree  at 15:25 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ピールの作り方<煮詰めるタイプ>

つく方をまとめてみました。
ご参考まで?

<分量>
柑橘類の皮(3個くらい300gくらいが作りやすい) 
砂糖 皮と同量

(1)皮を良く洗い、ナイフで4?6等分くらいに切れ目を入れ、きれいに剥く。
P1160001.jpg
おへそ(?)の固い部分は包丁でのぞきましょう。

*一度に皮が3?4個にならないときは、冷凍庫に保存しておいて、たまってから作るとよいです。


(2)鍋に湯をわかし、皮を入れて茹でる。
2?3度湯でこぼして、あくを抜く。

*何度もやると香りも抜けてしまうが、少ないと食べたとき舌にぴりぴりする感じが残ってしまいます。湯でこぼし加減はお好みで

(3)水にさらす。1晩くらい。
夏みかんピール1


(4)水を換え、柔らかくなるまで1?2時間煮る。竹串がすっと刺さるくらい。砂糖を入れるとこれより固くなるので、十分柔らかくなるまで。
煮上がったら、端を切って砂糖をまぶして味見をしてみると良いです。
あくの加減、柔らかさなどが十分でなければ、ここでその行程を追加します。

*あくが残ってもよいから香りよく仕上げたい場合は、湯でこぼしは1度程度にしておいて、水にさらさずに煮て、ここで調整すると良いです


(5)好みの大きさに切る。
ざるにあけて水を切っておく。
ピール作り方


(6)鍋に水を300ccほど入れ、分量の砂糖の半量ほどを入れ煮とかす。
溶けたら、切った皮をそっと入れる。

ピール煮る
私はストーブの上にかけてます。。

*水の量が多いと煮詰めるのが大変になるので、水は計った方が良いです。ひたひたより少なめ、ぎりぎりかぶるくらいで良いです。


(7)1?2時間かけて、弱火で煮詰めていく。
焦がさないように、まめに鍋を揺する。
途中、残りの半量の砂糖を2度に分けて加える。

ピールにつめ
*箸を使ってかき回すと崩れてぼろぼろになるので、箸を使わずに、シロップが全体にまんべんなくなじむようによく揺する。

*水分が多く残っていると乾くのに時間がかかり、カビが生えたりする心配がでてくるので、しっかり煮詰める。でも、焦げやすいので注意!

(8)焦がさないように煮あげたら、一切れずつ重ならないようにオーブンシートか網の上に広げる。
*ここで100℃くらいの低温のオーブンに1?2時間入れると、乾燥が早くなる。
ピール乾燥

(9)さめて、触ってちょっとベタベタする程度に乾いたら、砂糖をまぶしつける。
砂糖をまぶさずそのまま乾かしても良い。

*水分が多いと砂糖が溶けてしまう。少な過ぎると砂糖がくっつかない。
溶けてしまったら、時間を置いて乾かしてからまたまぶす。

*砂糖をまぶすとソフトな感じに、まぶさないとカリカリにできる。お好みで。

*保存は冷蔵庫か冷凍庫が無難。
私は常温においておいてカビを生やしてしまい、泣く泣く捨てたことがあります・・・
常温においておきたい場合は、ピールを入れたビンに、びっしり砂糖を充填しておけば大丈夫ではないかと思います。これはまだ自分で実験していないので、確証は持てませんが・・・
ピールが減ってきたら、砂糖はおかし作りに使うといいと思います。
by tiny tree  at 17:30 |   |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑

夏みかんピール

以前、持ち寄りのお茶会に、何も持って行くものがなくて冷凍庫に入っていたピールを持っていったらこれが大受けで、そのおかげで今度の甘夏の交流会で「ピールのつくり方を教えて」と頼まれてしまいました。
(毎年、甘夏が出回る時期になると企画があるのです。そういえば私が役員をしていたときも、料理上手の人はたくさんいるのに、ピール作りの講師を頼める人はなかなか見つからなかったのでした)

自分で作るのと、人に教えるのではだいぶ違うのですよ・・・
と、弱気になっていても、引き受けてしまったものは何とかするしかないので、レシピをまとめながら大量にピールを作っています。

ピール


友人宅に鈴なりになっていた夏みかんを分けていただきました。
と?ってもすっぱい夏みかんですが、無農薬なので安心。

作り方は、鍋でことこと煮詰めていく方法と、何日もかけてシロップの糖度を上げていく方法とがありますが、私は後者が好き。
作り方は「シンプルに暮らそう レシピ別館」さんのものを参考にさせてもらっています。

分量はこのくらいかな


<煮詰めるタイプ>
柑橘類の皮(3個くらい300gくらいが作りやすい) 
砂糖 皮と同量

<シロップの糖度を上げていくタイプ>
砂糖 皮の1.5倍?2倍くらい


オレンジピール

これは砂糖をまぶしたもの。
砂糖がじゃりじゃりしてるのは実は私は苦手。

日向夏で作るのもおすすめです。
甘夏より皮がやわらかいので若干ソフトに仕上がるし、香りがいいです。

ピールチョコ

一番食べたいのは、このピールチョコ!
クーベルチュールのブラックチョコで作ると、最高!です。
手間をかけて作っても、作るそばからつまんでしまってあっという間になくなってしまいますが、年に一度は気合いを入れて作ってみるのもいいかも。
バレンタインには甘夏は間に合わないかな?

ピールってまるで柑橘のいい香りのする砂糖のかたまり。
このおいしさは砂糖そのものの、中毒になるおいしさです。
砂糖はカフェインやアルコール並みに、中毒になりますね・・・
くれぐれも、食べ過ぎにはご用心!
by tiny tree  at 06:00 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

手縫い針

着物の記事のところで、紹介しようと思っていたのに、肝心なことを書き忘れてました。
手縫い用の針なら本家みすや針が断然おすすめ!


針


お教室で一緒だったおばさまが、京都に遊びに行った時お土産で買ってきてくれたのですが、針通りが全然違います。
針穴が小さいので、木綿糸などは糸通しが少し手間どってしまいますが、これを使ってから他の針は使えなくなってしまいました。

でもホームページがあることは、今知りました☆
ちょっとびっくり(笑)
ネットで頼めるなんて、嬉しいわ?

拍手&クリック、ありがとうございます!


by tiny tree  at 22:55 |  和裁 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。