新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

コーヒー石けん、キャスティール石けん

先週作った石けん、型出ししました?

石けん

エボニー&アイボリーですね。

キャスティール石けんとコーヒー石けんです。
コーヒーは、ukiukiせっけんライフのT博士に従って、ひいた粉を直接、25gも入れてます。
使うまでには、まだ3週間も待たないと。

楽しみ?

↓よかったらクリックお願いします☆

スポンサーサイト
by tiny tree  at 22:20 |  手作り石けん&コスメ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

子ども作、カラフル手打ちうどん

子どもたちが、すっかり手打ちうどんにはまってます。

先週の金曜の夜作って、私と夫は(断食だったので)食べなかったら、「ママたち食べなかったでしょ」と翌日も作ってくれました。
泣かせますねー
でも、その時も最初のときも、写真を撮り忘れてしまいました。
で、今日もまた昼ご飯に「作りたい」というので、ようやく念願のショットを。

うどん

黄色はカレー粉入り、ピンクは、水の代わりにトマトジュースを使っています。
しこしこしてとってもおいしいです。
粉1カップで2人分とレシピには記載されているのですが、3つ、つまり6人分作っても3人+ベビーで食べて、足りない・・・
食べ過ぎ??
わが家はみんな麺食いなのです・・・実はそうめん9キロで箱買いしてるのに、1年もたないのよね。。
(うちは島原そうめん買ってます♪農協から直送してもらってます。。
ついでに、だしはチョーコーを愛用してます♪)

おいしい手打ちうどんをマスターしたら、おむこさんの貰い手があるかもね?!
バーミックスで「ガー」だけど。



↓よかったらクリックお願いします☆


by tiny tree  at 21:32 |   |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

味噌作り

わが家の年中行事、味噌作り。
今年はプレーパークで使う分も作ったので、量が多かったので、先週と今週と2回に分けて行いました。
先週は麦麹のみそを7キロ、今週は米麹みそを9キロ。
子どもたちも手伝ってくれたので、それほど時間もかからずできました。

3男も一緒にお手伝いしました。お手伝いというよりはお邪魔ですが・・・
兄たちを見て、ちゃんとすりこぎを持ってとんとん、豆を潰しましたよ。
とんとんとんとん、パクパク(豆を食べる)、とんとんとんとん、パクパク・・・
麹も、パクパク・・・(おいおい・・・)

私が書くまでもない気もしますが、一応作り方をご紹介します。

みそ1

<味噌作り方>

(1)大豆は軽く洗って3倍の水の水に浸し、煮ます。
指でつぶせるくらい柔らかくなるまで。
10時間くらい煮るといいようです。
私は1?2日かけて、ストーブの上にかけておきます。
水が少なくなって豆が水の上に出ないよう、時々差し水をします。
量が少なければ、圧力鍋を使うと早いです。圧が上がってから30分くらい煮ます。

豆

(2)豆が十分柔らかくなったら、豆が熱いうちにつぶします。
フードプロッセサーなどでも良いですが、マッシャーやすりこぎでも、良く煮えていればすぐにつぶれます。
豆の煮汁を適度に入れて、耳たぶより柔らかい、ねちょねちょくらいの固さにします。

つぶし

(3)豆は煮上がりの量を量っておきます。
豆の重さと麹の重さを合計して、塩分が10%程度になるように塩の量を計算します。
豆は煮上がると、2?2.1倍程度の重さになるようです。

わが家の場合
麦麹2kg+豆2kg(煮上がり4.35kg)+塩650g=約7kg
米麹3kg+豆2.7kg(煮上がり約5kg)+塩900g=約9kg

多めだと思うので、初めてなら、
麹1kg+豆1kg(2.1kg)+塩350g=約3.5kg
くらいがいいかも。
本の分量を参考に載せると、
麹1.3kg、豆1.3kg、塩500g 出来上がり5kg
となってます。(クロワッサンのムック『手作り食品』より)

(4)1人が豆を潰している間に、もう1人が塩を計って、麹と塩を混ぜておきます。(うちの場合)
麹は手のひらでやさしく、よくもんであげるとおいしく仕上がるそうです。

みそこうじきり

(5)豆が全量つぶれたら、麹と混ぜます。
豆があまり熱いと麹菌が死んでしまうので、人肌程度にさめてから。
ここで、少し固いようなら、豆を煮たときの煮汁を種水として、少量加えます。

こうじ豆

この辺りから力技になってきます。
豆と麹が均一になるように、重たいけど、よーくまぜまぜします。

(6)混ざったら、ソフトボール大に丸めます。中の空気をしっかり抜くように。

みそだま

みそだまができたら、焼酎で拭いて殺菌しておいた容器に、みそだまを打ち付けるようにして詰めていきます。
中の空気を抜くのが目的。
近所中に響き渡る、うりゃ?!!とりゃ?!!という、かけ声はなくてもいいのですが、ここはひとつ、お餅つきと一緒で、盛大にやってしまいましょう。^^

みそだま2

(7)しっかり空気を抜いて詰めたら、表面を平らにならし、まわりについたものは焼酎をしみ込ませたキッチンペーパー等できれいに拭き取ります。
最後に塩蓋をしてみました、今年から。(分量外の塩)
そうすると、ラップがぴったりくっつかないけど、軽くラップや油紙のようなもので中蓋をして、フタをして保存します。

みそできあがり

夏くらいにかびた部分をきれいにとって捨てて、天地返しをして、1年くらいおくとおいしいおみそができます♪

麹と大豆の量のバランス、塩加減などは、「手前味噌」というくらいなので、その家その家でレシピがあるものだと思います。
あまり塩が少ないと保存が心配ですが、それ以外はやってみて、自分なりの工夫を加えていくといいと思います。

↓よかったらクリックお願いします☆


by tiny tree  at 23:57 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ベジ生活、月のリズムで甘酒断食生活について

去年の年末から甘酒断食を初めて3ヶ月。
それが引き金になって、ゆるベジ生活にゆるゆると移行中です。
だいぶ体が軽くなった気がするし(体重は変わってませんが^^;)、気のせいか、ちょっとお肌の状態も良くなった気がします。

私は今まで、お肉、牛乳、卵などを生協の班で注文していて、班では数人で数をまとめないと注文できないので(個人でもできるけど若干高い)、もう長くやっていると注文するものが固定してしてしまっていて、私が頼まないと他の人も買えなくなるのでいらないといいづらくて、ここのところ買ったものを持て余し気味でした。罰当たりなことですが・・・
ところが、3月で班の人が一人やめるので、班での注文は一切しない(できない)ことに。
こういうタイミングで、そういうことが起こるなんて、人生っておもしろい。

毎日、盆も正月もなく重労働をしている牛乳の生産者とか、すっごくおもしろい、すてきな人生哲学の持ち主の卵の生産者とか、お顔を知って身近に感じてきただけに、買わないのは申し訳ない気もするし、これからもがんばって欲しいとは思います。

でも、色々考えると、やっぱり今の食生活って、贅沢すぎるのかもしれないなぁ、と思います。
っていうか、もしかして当たり前のことなのかもしれないけど、今まで普段の食事って、ごはんにおつゆ、それに煮物かおひたしかお漬け物なんかが少し、っていうくらいが普通だったんじゃないでしょうか。
魚だって、少し前・・・電化製品が普及する以前くらい・・・まで、沿岸部でなければ毎日なんて食べれないものだったんじゃないかなぁ。
詳しいことは知らないのですが。

もしかして、私たちの世代くらいからなのかしら、こんなに毎日、和洋中といろんなものが出されるのが当然になって、贅沢になったのは。

それで、健康になったかと言えば、むしろ逆な感じですよね、生活習慣病だ、アレルギーだのと。
(とはいえ、昔は平均寿命は短かったですが)

おひたしや煮物、お漬け物などのおかずでは飽きてしまって満足できないのは、きっと食べ物がありあまりすぎているのでしょう。
現代人は食べ過ぎなのかもしれないなぁ、1日2食くらいでいいのかも・・・
なんだか最近どんどんそんな気がしてきました。

あな吉さんなどのベジ料理のレシピを見ていると、20?30年くらい前にこういう本が発売されたとしたら、買う人いなかったんじゃないかなー、という気がしてしまうのです。
むしろ、普段が質素で、野菜ばっかりっていうのが珍しくなかったというか・・・

それと、ゆるベジや断食してて感じるのは、体の軽さ以上に気持ちが軽くなったこと。
なんだか、自由になれた気がするのです。
マクロビアンやベジタリアンになるというのは、自分を狭めること、ストイシズムのかたくなさの中に閉じこもることのような気がしていましたが、そうではないんだと、今はよくわかります。
「?を食べない」と決めるのは、自由になることなんだと。
自由に・・・自分自身の欲望から。
欲望を利用して商品を買わせようとする、消費社会のストレスから。

「私はいりません」と言えるのは、自分の足で立つことにもつながるのだと思います。

あと、今は、少し食べ過ぎちゃっても「断食するからいいや」と思って、自分を責めないでも済むということもあります。
自分に自信が持てる、自分で自分をコントロールできている、私は私の人生を生きている、自分で選ぶことができる、そういう自信。

私は出されたものを残すのは嫌なので、人のお家で出されたものは喜んで食べたいし、時には贅沢してもいいかな、来週は出かける予定があるけど、そんなときは普段食べられないもの食べてもいいかなーと思ってます。
卵や牛乳やお肉を、安かろう悪かろうで、「量があればいい」という買い方じゃなくて、少なく、でも買うときは中身にこだわって、高くても納得できるものを買いたいな。
その分、普段は質素に、なるべくとれたてのおいしいお野菜や、鍋で炊いたごはんとか、天然酵母パンとか、素材がよくてそのもののおいしさだけで食べられるもの、というところにこだわっていきたいです。

おやつなんて、ほんとはきっと、おにぎりとかでいいんだよね。。
でも、なかなかそうはいかない。子どもも納得しないし、自分も食べたい(笑)
ま、ゆるゆる?と、気づかれないようにじわじわと(自分にも気づかれないようにね)笑 これを続けていきたい、と思うのでした。

↓よかったらクリックお願いします☆


by tiny tree  at 21:31 |  ナチュラルライフ考 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

スコーンとドーナッツ

おやつにスコーンを作りました♪

ずっしりおなかにたまる、粉っぽいものが好きな私。
マクロビのパウンドケーキのようなものが食べたかったのだけど、うちにあったレシピは面倒そうで・・・(^^;)

で、卵入りだけど、まいっか、ということで、茨木くみ子さんの『ふとらないお菓子』をアレンジしてみました。

スコーン2

<スコーン>
薄力粉  200g
全粒粉   80g
片栗粉   40g
すりごま  20g
ベーキングパウダー 小さじ1
重曹     小さじ1・1/2
酢(リンゴ酢)大さじ2
りんご酵母  小さじ2
塩     小さじ1弱
卵     1個
砂糖    20g
米あめ   大さじ2
サラダ油  大さじ2



ノンオイルにこだわったお菓子なのに、油入れてるし。(笑)
本のベーキングパウダー量が多くてビビって、少なくしようとあれこれしてたらこうなりました。
スキムミルクの代わりは米あめに。(はちみつでもいいんじゃないかな)

さっくりして、おいしかったです♪
茨木さんのレシピは私には甘すぎるので、砂糖の量は減らしました。
私にはちょうどいい甘さでした。

卵にしろ、油にしろ、「?なし」にこだわると、バランスが悪くなっちゃう部分がどうしても出てくる気がします。(料理研究家は特色を出さないといけないから、仕方ないと思いますが)
うちは幸いなことにアレルギーなどによる制限はないので、バランスをとりながら、極力減らすようにしていこうかな、と思ってます。

あ、でも、油入れたなら、卵は抜きでもよかったかも。
今度はそれでやってみようかな。

もう一つ、冷凍のとろろを使って、izumimirunさんの焼きドーナッツも作ってみました。

ドーナッツ

これはふっくらしておいしい!

長いもより水分が少なかったので、こちらにもちょっと酸っぱくなってしまったりんご酵母を少々入れました。
ベーキングパウダーを重曹に代えて。
酢が入った方が重曹の苦みが消えておいしいです。
生地に伸びがないので、形を作るのが結構大変でしたが、卵の代わりに長芋を使うのはいいかも。
でもベーキングパウダーは抜けないのかなぁ。

上二つは昨日作ったものです。
今日は私と夫は甘酒断食の日。
こんなときは、子どもたちに「自分たちでごはん作れば?」と持ちかけると、作ったりします。
今日はあな吉さんの、「10分でできるカラフル手打ちうどん」はどう?と聞いたら、「やる!」というので、まかせたらほとんど全部2人で作りました。
作ったあとは粉が飛び散ってるけど、いっそ見ないようにしてる方がいいですね。
見てるとあれこれ口出したくなっちゃうから。

↓よかったらクリックお願いします☆


by tiny tree  at 19:56 |  レシピ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

六ヶ所村ラプソディーその後

今日、「六ヶ所村ラプソディー」上映会後、「見て終わりにしないために」と、意見交換のため開かれたフリートークの会に行ってきました。
途中からの参加でしたが、とてもみんなの思いの熱さに触れることができて、良かったです。
ただ、自分自身に、もやもやした思いをなかなか言葉にできないもどかしさを感じました。
(でも、これが今の私。だから恥ずかしいとは思わないようにしよ)

六ヶ所村、そして原発の問題は、他の温暖化や環境問題と同じで、とてもとても相手が強大で、何からどう手を付けたらいいのか、普通の主婦、市民である私たちに何ができるのか、問題の大きさに対して自分が小さすぎて、自分のすることがどれだけの意味があるのか分からなくなってしまう、それがある意味普通だと思います。

それでも、結局、どんなに小さくても、自分ができることをやっていくしかない。

今日一番感じたのは、何していいかわからないとあきらめ、長いものにまかれていてはいけない。やっぱり、自分の足で立ち、自分の頭で考えられる人間にならなきゃいけないんだ、ということです。
参加者の一人は、それをある方から「そう言って『どうしていいかわからないですよね』といってるうちに、子どもを戦争に行かせることになってしまうかもしれないんですよ」と言われたそうです。

でも、励みがなければ続かないのが人の常。
じゃあ、それが、日々こつこつと「脱原発」や「エコ」につながる小さな小さな努力を続けることが、楽しくなっちゃうようなしくみを作れないか?

ホームページを作って、
何人が、例えば電気代を1ヶ月○円節約したら、原発1基分の電力を止めることになる。
カウントダウンして、「あと何人で80%達成、あと何人で100%達成」とか。
そしたら、人にも伝えて、「一緒にやらない?あと何人なんだ」って誘いやすくならないかな?

もっとローカルに、小さいところで始めた方がいいかな。
例えば、食べ物屋さんでマイはし持参の人にはポイント進呈。何点たまったらワンドリンクサービス、とか。(でも、これ原発とは関係ないかも・・・温暖化の方ですね・・・)
一つのお店だけじゃなくて、商店街とかでできたらおもしろいかも。
地域通貨がからんできたら、もっとおもしろくなりそう。

マイバックは結構やってる店あるけどね。
あんまり買い物に行かない私は、たまらないので励みにはなりにくいんだなぁ。マイバックは持って行ってるけど。
キリ番で、10000番目の人にはちょっと豪華なプレゼント!とかだったら、よくない?!

実行委員長が言ってた「電力の共同購入」もとてもいいと思います。
東京の方では商店街の電力を、NPOから買ってるところもあるとか。
北海道や千葉の旭市でも、風力発電のプロジェクトが進んでるようです。

そしてそういった情報がうまくまわるようにできたらいいな?、と思います。

ゲストの冨田貴史さん(こんな人→「僕がワークショップとイベントを続ける理由」ブログより)がこう言っていました。
「まずは自分自身が幸せになる。」

「?しなければ、こうなってしまう」ではなく、「私は幸せだから、これはいらない」と言えるように。
こうなった方が私もあなたも幸せじゃない?と。


六ヶ所の問題は、六ヶ所村や青森県の人の問題じゃない。
電気を使っている、私たちみんなの問題。

私たちはただの主婦かもしれない。
でもただの主婦だからこそ、できることがたくさんある。
毎日の生活の中で。
だって、生活必需品を買う購買権はほとんど主婦が握ってるのだもの。
私たちがもっているパワーを具体的に、目で見えるように示せたらいいな、といつも思います。
アイデア出し合って、苦しむんじゃなくて、うきうきしてくるようにできたらいいな。
私は地域の人を元気づけられるような存在でありたい。

自分が先頭に立って旗振れなくても、活動をしてる人に励ましの声を届けることだってとても力になる。
メディアが沈黙している中で、勇気を持って記事に取り上げている新聞があったら「いい記事だった」と声を届けるということも力になる。
電力会社に届く、市民の「見てるよ」という声が多ければ多いほどうかつなことは出来なくなる。それが原発開発を止めているという側面が確かにある。

ほんとのところ、何をするか、私は何ができるのか、は、人から教えてもらうものじゃなくて自分で考え決めなきゃいけないことなのだと思います。
でも、そのためには、周囲からのたくさんの励ましや、刺激(知識、情報も含めて)が必要なのだと思います。
だから、お互い刺激しあえるように、エンパワーしあえるように、人とつながっていたい、と思います。

またまた長くなってしまいました。。
読んで下さった方、ありがとうございます!

六ヶ所、原発の問題を知るには、こちらも参考になると思います。
『わたしにつながるいのちのために 』 冨田貴史作
とっても心にしみます。


↓よかったらクリックお願いします☆


by tiny tree  at 17:35 |  ナチュラルライフ考 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

コーンミールパン

甘酒酵母で作った、コーンミールパン。
もちもち湯だねパン
でつくったのだけど、ベンチタイムの途中、子どもを寝かしつけながら一緒に寝てしまったりして(^^;)時間がかかったせいか、天然酵母のうまみが生きていて、おいしい?

コーンミールパン

コーンミールパン
強力粉    250g
コーンミール  50g
元だね    150g
水      150g弱
塩       5g
砂糖      10g

1次発酵40分 ベンチタイム1?2時間 2次発酵30分 200℃20分



ふくらみが悪いのはコーンミールのせいかな??
中は柔らかくて、それほど発酵不足でもなさそう。
焼きたてより、翌日の方が、甘酒酵母のやさしい甘さがじんわりして、おいしかったです。
もうちょっとコーンミールの配合を増やしたものも焼いてみたいな。

↓よかったらクリックお願いします☆

by tiny tree  at 13:23 |  レシピ・天然酵母パン |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

玄米酵母 甘酒酵母のワッフル

『自家製酵母のおいしいパン』より、玄米を発芽させたもので酵母をおこしています。

ここのところ気温も上がってきたし、順調です♪

これは液だね。
100gの発芽玄米をミキサーにかけて1リットルの水を入れます。
あ、ビンに1リットル入り切らなかったので、これは水800ccです^^;
元気に、シュワシュワ泡があがってます。
今日は液種に同量の強力粉を入れて、元種作りの工程です。

玄米酵母2

胚芽の部分からちょっぴり芽が出た☆
なんだかいとおしい。

発芽玄米

甘酒の液だねは、もうずっと前寒いさなかにおこしたけど、発酵の仕方が地味?で、うまくいったのかよくわからず、生きてるのかな?痛んだ様子もないけど・・・とそのままにしていました。
強力粉を入れて元だねにしてみたら、3回目で元気になり、今日見たらビンから溢れ出してたので慌ててボールに取り出しました。
それでワッフルを作りました。
ざらめがなかったので、夏みかんピールを刻んで生地に混ぜ込んでみました。

ワッフル1

ワッフル
強力粉  140g
元だね  100g
牛乳   100g
卵     30g
塩     3g
砂糖    10g
ピール   20?30g


添えてあるのはレーズン豆腐クリーム
ココアを小さじ1加えたら、チョコクリームになりました。
おいしかったです♪

それでもまだ、甘酒酵母がビンから吹き出していたので、パンを焼くことに。
思い立って(また強力粉を計ってる途中で^^;)、コーンミールを入れてコーンミールパンにしてみることにしました。

たまたま、この配合とほぼ同じだった↓
コーンミールパン

ゆっくり発酵させたかったけど、明日は朝早めに出かける予定、パンを焼く余裕はなさそうなので、湯だねパンにしてみました。

が、ちょっとふくらみが悪いぞ。。
甘酒酵母くんは、スローなやつなんだろうか。
とっても甘くておいしいんだけどね。(前に村上祥子さんのレシピで作ったことがあった)


それと、昨日から久々に石けんを仕込んでいます♡
もうずっと作りたかったの。
昨日はオリーブオイルオンリーのキャスティール石けんを、今日はマルセイユ石けんにコヒー粉を入れたコーヒー石けんを。
型から出したらアップします?
楽しみ?(*^^*)

↓よかったらクリックお願いします☆


by tiny tree  at 23:59 |  レシピ・天然酵母パン |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

もちもち湯だねパン

生協のカタログで『60分でもっちもち湯だねパン 』という本を見つけ、思わず買ってしまいました。
先日届いたので、早速試作しまくってます(笑)

少しの薄力粉に熱湯をかけた湯だねをつくっておいて、3分だけこねて一次発酵なしで分割。
10分ベンチタイムで2次発酵25分、というスピーディーさ。
ドライイーストを使うレシピだったけど、もちろん私は使いません(笑)

湯だねパン

白神こだま酵母でレシピ通りに焼いてみたら、すごいふっくら焼けてびっくり!

湯だねなんてほんの少しなのに。どうして発酵させないでも膨らむの??

天然酵母を使ったものは、ほんの少し、15分とか20分とか1次発酵させるといいみたい。
2次発酵は、昨日は1次発酵なしでやってみたものは1時間半くらい。今日は1次発酵少ししたので40?50分で焼いてみました。

ゆだねパン食パン

<食パン?四角いパン>

酒粕酵母   105g
強力粉    180g
全粒粉     70g
塩       4g
砂糖    小さじ1


白神こだま酵母 小さじ1
強力粉      200g
全粒粉(粗挽き)  85g
小麦胚芽      15g
塩         6g
砂糖    小さじ1と1/2



じっくり発酵させたもののうまみにはかなわないけど、ふっくらもちもちに焼けて、これはこれでおいしいです。
子どもにはうけそう。
酒粕酵母のうまみもそれなりに残っています。
これなら休みの日の朝、起きてからパンを作り始めても、朝ご飯に焼きたてパンが食べられますね?

左下はコーンブレッド。
コーンブレッドのレシピって私好みのものがなかなか見つかりません。
アリスファームの宇土巻子さん(心密かに憧れているのです。。)の『カントリーキッチン』に載っていたものを参考に、少しアレンジして作りました。
型にオイルを塗っておくの忘れて、ぼろぼろですが・・・(^^;)


<コーンブレッド>

コーンミール  1カップ
薄力粉     1カップ
コーン     1カップ
ベーキングパウダー 小さじ1
重曹       小さじ1強
酢       大さじ2
りんご酵母液   小さじ2強
サラダ油(バターでも) 1/4カップ
卵        1個
牛乳      160ccくらい
塩       小さじ1/2
はちみつ    大さじ2
玉ねぎみじん切り1/2個はバター少々で透明になるまで炒めて、冷ましてから混ぜる。


良く見かけるのは、卵やバターたっぷりで、コーンミールの配合が少なくて、砂糖も多くておやつみたいで、納得がいかないのです。
上の本にも載ってたけど、そういうのはハレの日に食べるものではないのかなぁ、庶民はそんな贅沢なものを普段食べないでしょ、と思うのです。
日本人だって、例えばお寿司は祭事食で、いつも食べてるわけじゃないでしょ、と。
普段から贅沢なもの食べてたら健康に良くないし。

思うに、ハレの日のレシピの方が残りやすいのではないかな。

ともかく、これはなかなか味はおいしかったけど、ぼろぼろなので(汗)、もう少し研究の必要ありです。

下はフマス
ひよこ豆のペースト。
こういうの大好き?

フマス

昨日おやつに作ったいちご大福。
すごい不細工でお恥ずかし。。。

苺大福

どうも美しく仕上げることができません。。
その上、子どもたちの食べ方のすごいことといったら。

でも、みんなで食べることも、作ることも堪能できた連休でした?
おばあちゃんさまさまです(^^)

↓よかったらクリックお願いします☆

by tiny tree  at 21:04 |  レシピ・天然酵母パン |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

なばな

昨日から実家の母が来てくれているので、ここぞとばかりにあれこれ片付けたり作ったり、忙しくしてます。

今日は晴れたので、畑仕事。
耕耘機をかけ、ジャガイモと葉菜類の種まきをしました。

今が旬の菜花。
好きな野菜ってたくさんありすぎて、どれが一番なんて選べないけど、私の中では菜花はかなり高位置にランキングするのは間違いないと思います。
この季節、毎日でもオッケー!
とれたての菜花は、さっと茹でるだけで、もう幸せになれるおいしさ。

なばな

上はこぼれだねから育った菜っ葉の菜花。
下は白菜の取り残したのから出てきた菜花。まだ花は咲いてませんが芯芽が出てきています。

はくさいなばな

下はブロッコリー。
花が咲き始めました。
ブロッコリーは下から花が開花していくのがおもしろい。

ブロッコリーの花

ブロッコリーは花が咲いたらもう終わりだけど、菜花は少々咲いてるくらいなら食べられます。
毎日少しずつ摘んで、3月から4月初頭くらいまで、けっこう長く楽しめます。

秋にからし菜の種を少しまいたらものすごく大きく育って、冬の間何度もとって食べたけど、まだまだ山のように残っていて、今日耕耘機をかけるために全部抜いたのですが、処理するのが大変でした。
昨日から青菜のクラッカーをからし菜でどっさり作って、友人宅へ遊びに行く子どもに持たせ、半分位は冷凍し、茹でたものは半分冷蔵、半分冷凍し、今日は3キロは漬け物にし、夕ご飯には大量のからし菜でお好み焼きにし・・・

からし菜付けもの

まだ残ってるのはお焼きの具にしてみようかな。

ほんの30坪の家庭菜園で、ほんとに少しずつしか種をまかないのですが、それでもとれる時には一度に大量にとれる(とれないものは全滅することも多々あり。。)お野菜たちをどう保存するか、知恵も体力も必要だなぁとつくづく思います。

旬のお野菜の、日々のシンプルな食べ方に加えて、保存食作りも私のテーマなのです。

↓よかったらクリックお願いします☆



by tiny tree  at 22:02 |   |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。