新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

長野生活記

7月半ばからこの4ヶ月のことを少し記しておこうと思います。

こどもの森幼稚園にほど近い場所に無料で家をお借りすることができて(放射能避難ということで。ちなみに行政がらみではありません、民間の支援団体が仲介です)、何だか導かれてここに来たような気がしています。
本当は、北信は、放射能の影響が少しあるので、同じ長野でももっと南の方に行くつもりだったのですが、物件などうまく見つからず(安曇野には友人のお父さんの不動産屋さんもいたのに!)。

なんと無料で放射能測定してくれる方が長野市にはいて、心配なものは持ち込めるし、データーがかなりの量すでにあるので、それを見ながら食べ物も選べるし、本当に助かってます。マブソン青眼測定室

放射能対策を行政に求めたりする活動を行っているお母さんの団体(りんごほっぺの会)ともつながれました。

デモも、上記のマブソンさんが中心になって毎週金曜日行っているので(長野駅前)、できる限り参加するようにしてきました。夕方の6時半〜7時半という時間帯なので、これから冬になると参加が厳しくなりますが。。(家が山の上なので、道路が凍っちゃうと帰れなくなりそう。。。)

子どもの幼稚園の費用を捻出するために、仕事を始めました。
幼稚園の近く(の山の中)の老人ホームで調理のパート。
添加物を気にしないのはまだしも、放射能も気にしてないから、それを一緒に食せざるをえないのが最大の難点ですが、、小規模で人間的な働き場で、「ここで働けてよかった」と思えます。

とてもきちんとしていて、細かいのですが、「あわててやらなくていいから、ちゃんとやって」という感じ。

私の中には「経営者が求めているのは、効率よく仕事をこなすことだろう」という思い込みがあったのだと、気づかされましたが、今の世の中、そういった「効率」がすべて、働く人は一労働者でしかなく、つまり一人の人間としては扱われないというのが主流ではないでしょうか。
働かせる側は「いかに短時間に労働力を搾り取れるか」、働く側は「いかに自分の時間を多くのお金に換えられるか」そのせめぎ合い、パートやアルバイトの仕事って基本的にそういうものだと。

「○○さん」という個人として扱ってもらえるというだけでありがたいことだと思えるのは、むしろ世の中がよほどヘンなのかも。
千葉に戻って来て、ものや人の量は多いけど(それでも東京には比べるべくもないのだけど)、わさわさしてるなー、長野はのんびりしてるなーと改めて感じます。

そして、プレーパークや自主保育のことで行政の話を仲間から聞いて、またまた八千代市に絶望してしまいました。。
市長リコール運動起こってるけど。

自治体は、何十万人という規模にはならない方がいい、という気がします。
人の顔が見えて、どこどこの誰々っていう一人の人間の存在感が薄まらなくて、何かをすれば周知されるくらいの規模がいい。

それは息苦しいというのが昔のコミュニティーの崩壊理由ではあったけど、昔のように移動手段や通信手段が限られてた時代とは違うのだから。コミュニティーに縛り付けるのでなく、「承認」を得られる場であるといいと思います。
「私がここに存在している」「私が行うことが周囲の人を喜ばせている(悲しませている)」ということが見える。

「誰に何を言われるかわからない」恐怖が、行政を縮こまらせ、かたくなにしているのか…
組織の理論の前に、一人の人間としての思いや情熱は捨てなければ生き残れず、人間性を枯渇させられているのではないか…
…腹が立つを通り越して哀れに思えて来ました。
規模だけの問題ではないだろうけど。規模が大きくたって、ちゃんと人間的な対応してる市はいくらでもあるのだから。

西條さんが『人を助けるすんごいしくみ』の中で「全員の人を片寄りなく幸せにするために設けられているはずの行政機関が、全員の人を片寄りなく不幸にする」ということに怒りを綴られていましたが、まさにまさに。

財政的な問題で自治体は統合されるのだろうけど、エネルギー自給などして(それには地方の方が有利)、地域の中でお金を回せるしくみを作っちゃって、できる限り国の補助金などに頼らないでやってけるようになるのがいいんじゃないかと思います。


長野でもプレーパークを実現しようと活動している人たちにも出会え、スタッフに入らせてもらうことにしました。北信に遊び場づくりを夢見る会
まだ2ヶ月に1度の不定期開催ですが、来年から月1にしたいとはりきっていました。

子育て支援の活動にももう少し関わりたいと思って、「CAP」のスペシャリストの資格でも取ろうかと思っていたら、なんだか組織が複雑で、長野で活動するための資格を取るためには東京での講座を受講してもダメで(内容は基本的には同じじゃないのかと思うんだけど、、)、今年は岩手まで行かないといけないということで、足踏みしています。

ノーバディーズ・パーフェクト(ファシリテーターの資格は取りました〜認定も受けました〜)
の活動をしている人とは最近出会えたので、これから何かしていけるといいなと思っています。
ただ、これはCAPの活動が、道がついて定期的に開催できる状態になってるのと比べて、まだ基盤が何もないし、もちろんお金をもらえるようになどなっていないので、先は見えないです。

仕事しながらでも、やっぱり、こういう活動に首を突っ込まずにいられないのは、自主保育と違って森のようちえんは子どもを「預け」てしまうので(それでも親の出番は相当多い幼稚園だけど)、ちょっと物足りないというか(^^;)
内容はとーってもすばらしいんですが。
私はつくづく、「お客さん」でいるのがキライで、提供する側にまわりたいのだと思います。

この前、幼稚園のおかあさんの中でバザーがあって、石けんとついでにハンドクリームを売ったら、なかなか好評で、化粧水やリップも欲しいと依頼があったりしたので、そちらもぼちぼちやっていこうかと思います。
生活資金を稼がねばならないので、住む場所や家族の移住などがもう少し固まったら(今の家は一年貸借の約束なので)土日だけでもカフェとか、民泊とか、したいなーとも思ってます。
料理を作って食べさせるのは、好きなんだなーと思うので。


信州の人は、特に北信だからか、理屈っぽい人が多いような気がします(笑)
(放射能のことなど)理を持って諄々と説明すれば理解はしてもらえそう。保守的ではあるけど。
雪が多い寒い地方の人は、ほんとうにきちんとしてる、方言で「ずく」と言うらしいですが、根性があるっていうか…と思います。
前に高山に行った時には、こんなにきちんとしている人たちの間で私のようなズボラは住めない…と思ったけど、私にも少し「ずく」がついてきたかも??雑なのは相変わらずですが^^;

子どもを連れていると、県庁など、私が話をしているとそばにいるおばさんだったりお姉さんだったり、誰か彼か子どもをかまってくれて、子どもに対するまなざしは優しいなーと感じます。
道を行くおじさんが声をかけてくれたりも良くするし。

まだ冬を越してみないと何とも言えませんが、それが最大の関所なので…とにかく、今のところは日々を楽しく、充実して過ごしています。
不便なことも、お金がかかって困る、、ってのもまあ、ありますが、何と言っても、自然の美しさが最高!
(千葉に帰って、早速手はガサガサするし、くしゃみは止まらなくなるし。。水や空気が違う〜あったかくて過ごしやすいですが。)

また明日には長野に戻ります。
(そしてネットにはつながらなくなります)

取り急ぎのまとめ
スポンサーサイト
by tiny tree  at 09:12 |  ナチュラルライフ考 |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。