新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

漬け物レシピ備忘録

デイご利用の漬け物上手なおばあちゃんから聞いたレシピ

【野沢菜漬け】
菜っ葉   6kg 切ってつけてもよい
塩     200g
砂糖    500g
酢     2合

【野沢菜 その2】
菜っ葉    10kg
塩      300g
酢      2合下にしておく
(農協野沢菜の素)
黒砂糖     1/4袋(400g) 

【大根酢漬け】(総太り大根)
大根     6kg 皮を剥き切る
塩      200g(3,3%)

水がでたら引き上げて水を捨てる

酢     2合
砂糖   500g


【たくあん】
大根    10kg
塩       400g(〜500g)
こぬか     

大根1週間干す
呼び水を入れて漬けると水が上がりやすい


農協の「〜漬けの素」を使ってるそうで……
アレンジが必要。

追加

【梅 甘酢漬け】
梅      10kg
塩      200g

3〜4日干す
塩抜き3時間〜1晩

砂糖 500g〜700g
酢  2合
しそ

【きゅうりしょうゆ漬け】
きゅうり     1kg
しょうゆ     300cc
砂糖       200cc(少なめ)
みりん      100cc
酢        100cc
しょうが     多め
鷹の爪

【きゅうり芥子漬け】
きゅうり    1kg
砂糖      200g
塩       40g
からし     20〜40g

スポンサーサイト
by tiny tree  at 13:36 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

米ぬか石けん

よーーやく、石けんをつくりました。

米ぬか入りオリーブオイル+米油の石けん
いつものタイプ

せっけん

オリーブオイル  300g
米油       150g
ココナツオイル  112g
パーム油      64g
苛性ソーダ     82g
水        232g
米ぬか      大さじ2


米ぬかはいつもより少し減らしめ。しっとりしすぎるくらいなので。

長野は水がいいから、石けんの違いをそれほど感じないかも。。
→軟水だと石けんがよく泡立ち、石けんカスが出にくいので、流した後もつっぱらず、むしろぬるぬる感が残るほど(これは皮脂の成分に近いものが肌の上に残るから)。
多分、この辺りは硬度20以下の超軟水に近いんじゃないかと思います。
(うちの水は浄水場とおってるのかな??長野市の飯綱浄水場は硬度20に欠けるくらいみたい
Soft Water Clubより)

飲むのには、硬度があった方が、ミネラルなど摂取できていいのかもしれませんが。

ヨーロッパのアルプス山系の水は超硬水で、硬度が1000もあるような水もあるらしい。
(一般的には200〜300くらいみたい)
そういうところではせっけんは泡立たないだろうなぁ。
肌には硬度が高い方がダメージがあるみたいです。

私は北海道旭川近くの夫の実家では、水が硬いせいか乾燥のせいか、肌があれちゃってダメでした。。


職場でもらって来た廃油でUO石けん(ユーズドオイル)も作ってみました。
こちらは型出しはまだ。
どんな感じか、使ってみるのが楽しみ。



by tiny tree  at 23:29 |  手作り石けん&コスメ |  comment (0)  |  trackback (1)  |  page top ↑

甘酒、まんじゅう

先週、久しぶりに甘酒を作りました。

今回は保温を、発泡スチロールと湯たんぽでやってみました。

甘酒

箱が少し小さくて、タッパーなどが入らなかったので、ジプロックで。

<材料>
おかゆ
 もち米   1合
 水     2合
麹      1合
(今回は玄米麹)

もち米をおかゆに炊いて、60度くらいまで冷ましたら、麹を入れてまぜ、保温する。
保温は、50〜60℃で8〜10時間くらい。


温度の管理だけが重要なので、温度計をジプロックと湯たんぽの間に差し込んでおきます。
甘酒2
あとは、箱にフタをして待つのみ。
温度が下がってないかだけ時々確かめてあげればよいですが、仕事に出かけちゃったので、8時間以上放置。
帰って来てみたら、うまくできていました。
8時間後の温度は50℃くらい。

先日、甘酒入りパンケーキにして食べました。
あと何作ろうかな。


ピザとフォッカッチャ
ピザ

この前お店で食べたピザはチーズがたっぷり過ぎて、私には重かった。。
たいていのチーズにグルタミン酸ナトリウムが入ってるのも気に入らない。(チーズだけじゃないけど)
生地にふすまを入れると、ざくざく感が出るのが好き。


あ、今日は職場でおまんじゅうを作りました。
写真は撮らなかったけど。
毎日じゃないけど、利用者さん(老人ホーム)のおやつを職員が作っているので、私が買って出て、色々作って楽しんでいます(笑)
おまんじゅうは丸めるのが面倒なんだけど、作るのは簡単です、あんこさえあれば。

<材料>
小麦粉    120g
重曹     小さじ1/2
水      50cc
酢      大さじ2
(砂糖    大さじ1と1/2)

あんこ   200gくらい

酢を入れるのは重曹を中和するため。
これだと少し生地がべたつくのですが、丸めてとじるのには伸びがよくてやりやすい。(レシピでは酢は大さじ1)
手粉をつけながらやってます。
丸めたら閉じた方を下にして、ワックスペーパーを6〜7cm角に切ったのを敷いて、蒸し器で10〜15分蒸します。

生地に砂糖は入れなくてもいいのだけど、少し生地が硬いので、柔らかくならないかと思って入れてみました。
それでももうちょっとふんわりさせたい感じ。
黒砂糖でやってみるのもいいかも。
酒粕もいいかな。

この分量で8等分くらいの小ぶりのものをつくりました。
3倍量で作ったので1時間以上かかっちゃって、昼休みがつぶれちゃった。
でもどうせ作るなら、どっさり作る方が、なんか楽しいのです。
by tiny tree  at 20:31 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

納豆など

今日は久しぶりに少し時間があったので、朝からパンを焼いたり、餅をついたり(といっても、ホームベーカリー任せ)。
酸っぱくなってしまったりんご酵母を始末してしまいたかったので、クラッカーに。
ホームベーカリーとオーブンと、洗濯機、それにホットカーペットもつけてたらブレーカーが落ちました(^^;)

ガスオーブンが欲しいなぁ。
薪オーブンもいいなぁ!

クラッカーは「チーズ入ってるの?」と子どもにも夫にも聞かれました。
酸味があって香りがよくて、小麦の味がしっかりしておいしいです。
固いです。


最近、大豆はそのまま食べると体に良くないという研究結果もあるとか?(そのままと言っても生じゃないよ、煮たのです)
そんな話をちょくちょく耳にします。
発酵させたのは大丈夫ということで、みそや納豆は理にかなってるのだそう。

納豆は簡単だからよく作ってます。

ストーブの時期は鍋をストーブにかけとけばいいから、豆をよく煮てます。
鍋かけないのがもったいなくて(^^;)

納豆


大豆をよーーく煮ないと、かなり固い納豆になっちゃうのだけど、大粒納豆の方が小粒より豆の味がしておいしいと私は思う。
この前もらった生産者さんのチラシに、納豆菌が多すぎると匂いのキツい納豆になってしまうと書かれてて「へえ!」と思って、スターターを減らしてみました。
今までは1パック、市販の納豆を入れてたところを、少し(大さじ1強くらい?)に。
大豆の量は適当。
作り方は、煮上がって湯きりした熱々の状態の大豆に、市販の納豆を少し入れてよくかき混ぜ、保温するだけです。

うん、いい感じ、かな?

保温は、これもホームベーカリーの発酵機能を使っちゃってます。
(なので、作ってる最中の匂いは結構してました)
電気使わないでできたらいいんだけど。。
ゆたんぽと発泡スチロールの容器でもなんとかできるけど、今猫の寝床にゆたんぽ入れてあげちゃってるし。

もう少し、発酵の環境を、非電化で確立したいところです。


カリンの砂糖漬け
かりん


なんだかバタバタしてて、今年は少ししかできなかった。。

味噌も、2年くらい作ってない気がするので、今年の冬は絶対つくるぞ。
by tiny tree  at 21:27 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。