新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

農林61号

那須の道の駅で見つけた「農林61号」。
これ何かと言いますと、小麦粉の名前でーす。
これを使って、ようやくパンを焼きました。

農林61号

ほんとは自家製酵母で焼きたかったのだけど、どうも時間が取れなくて、白神こだま天然酵母を使ってもちもち湯だねパンにしてしまいました。
これなんだか、癖がない感じがする。
白神こだま酵母のぬかくさいような独特の匂いが気にならないような。

平たいほうはレフセという、じゃがいもと粉を練った無発酵パン。
自家製酵母のおいしいパンに、「農林61号」とおすすめの粉が指定されてました。
とっても素朴で、じんわり粉といもの味がして、おいしいです。

いつもは小麦粉は生協で買ってます。
生活クラブ生協は「北海道産」という表記。「はるゆたか」という品種ではなかったかな?ブレンドかもしれません。
菜の花生協は岩手の製粉所になってますが、こちらも「地粉」という表記だけで、品種は書いてません。
農林61号は1kg400円と、いつも買うのに比べるとちょっと高めでした。
でも、こんな風に道の駅で手軽に手に入ったら、うれしいかも。
地粉も色々食べ比べてみたいです。

国産小麦は普通に買う輸入の小麦粉と比べると、全然味が違います。
最初びっくりしました。
お好み焼きにしても味の違いがはっきりわかったのですもの。

ただ、パンを焼くときなどは、外麦を基準にしたレシピの場合、水分量を少なめにしないとベタベタになってしまいます。
それと、グルテンの含有量が少ないので、膨らみは少し劣ります。
でも、とても味わい深く、ポストハーベスト(収穫後に散布する農薬)の心配もなくて安心です。

常々、野菜も品種の表記をしてくれればいいのに、そしたら選んで買うのに、と思うのですけど、粉も「パン用」とかじゃなくて、品種で選べるくらいになったらいいのに。
その前に、国産の小麦粉の生産量はわずか10%程度だそうですが。
自給力上げようよ、日本

↓よかったらクリックお願いします☆


by tiny tree  at 23:23 |  レシピ・天然酵母パン |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。