新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

シーツから枕カバー

真ん中が破れてしまったシーツ、捨てる前にぞうきんでも縫おうかな、と取っておいたもの、思い立って枕カバーにしてみました。
枕カバーも、いいかげん替えようかと思ってたところだったので。

コットンのオックスフォード織りのシーツは通気性がよいけど、厚手で生地がしっかりしてるので、なかなか気持ちのいい枕カバーができました。
シーツって、切れるのは真ん中だけで、端は傷んでないですよね。
端を使ったら、縫う部分も省略できていい具合です。

枕カバー

さらに残った生地で、ぞうきん、と思って作ったら、白くてきれいなぞうきんになったので、鍋敷きにしてもいいかも・・とりあえず、台ふきんとして使うことにしました。

興に乗って、さらに残った端切れをふきんに。
端にロックミシンをかけただけですが。
枕カバーからもぞうきんが作れました。

シーツふきん

今、石黒智子さんの『心地よい暮らしのシンプルキッチン』『わたしの台所のつくり方』を読んでいて、そういえば、リネンのシーツがダメになったら、エプロンやキッチンクロスにリメイクするというのが出てたのでした。
なるほど、こういう使い方は賢いと感心しました。
リネンは高いけど、長く使えて、無駄なく使い回せて、使い込んだほど水を吸って使いやすくなるのだったら、思い切って買ってみてもいいな?と。

オックスフォード綿も吸水性はよさそうです。
キッチンクロスにはシーツの真ん中辺の、生地が薄くなってるところがむしろちょうど良い感じです。
シーツ1枚から、枕カバー3枚、台ふきん2枚、ふきん4枚できました。
シーツが破れるのが楽しみになっちゃいそうです(笑)


↓よかったらクリックお願いします☆


by tiny tree  at 22:04 |  洋裁 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。