新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

虫除けスプレー、子育て座談会

今日は子育て座談会「ぷらっとルーム」にて

アロマの虫除けスプレーを作りました♪

作るといっても、混ぜるだけですが。

一応レシピを

<アロマの虫よけスプレー>
[材料]
精製水・・・・・・・・・・・・・・・30cc
無水エタノール・・・・・・・・小さじ1/2
エッセンシャルオイル・・・・合わせて6滴(濃度1%になるようにする)

(1) 容器をエタノール(分量外)で消毒しておく。
(2) 容器にエタノールを入れ、エッセンシャルオイルを好みのブレンドにして入れ、よく混ぜる。
(3) 精製水を入れ、よく混ぜる。

<虫除け効果のあるエッセンシャルオイル>
レモングラス シトロネラ ユーカリ ・ティートゥリー ペパーミント はっか ゼラニウム クローブ など

赤ちゃんは、直接肌につけずに洋服などにスプレーしてあげるといいです。

できれば2?3週間で使い切るほうがよいです。


市販の虫除けスプレーやウエットティッシュタイプの虫除け剤などの問題点

・ 虫刺され防止のため、直接肌に付ける「虫よけ剤」には忌避成分としてディートが配合されている。ディートは一般的には毒性が低いとされているが、まれに体への影響があると報告されている。しかし、日本で販売されている商品には、具体的な使用方法や使用量、使用上限量の表示がほとんどみられない
・ 商品タイプで付着の様子に特徴があり、エアゾールタイプ(スプレー)は付着効率が悪く、粒子も小さいため、吸入することが考えられた(吸入するのはより危険性があると考えられる)

・ カナダでは、6ヶ月未満の子どもには使用禁止、濃度の指定あり。
・ アメリカでは、「子どもでも安全に使える」という表示が禁止、口や眼に入らないようにする、傷口には使用しないと表示義務あり。また、アメリカ小児科学会では、子どもに使う場合は濃度10%以下のものを推奨。
(国民生活センター資料 参照)

ディートは、もともと軍事品として開発されたといいます。濃度を誤らなければ、深刻な問題になることはないかもしれませんが、やっぱり肌にはつけたくないと私は思います。
特に小さな子どもは。

化学薬品を使うより、アロマ効果もあっていいかおり?♡な、安心な虫除けスプレーを使いたいですよね


ちなみに、虫さされには、ラベンダーやティーツリー、カモミールなどが効くそうです。
キャリアオイルとみつろうのクリームに入れて持ち歩くといいようです。

日本のハーブ、どくだみやよもぎなどもよく効きますよ!
生葉を洗ってよくもんでペタっと貼付けると、かゆみがおさまります。
ぜひやってみてね♪

↓よかったらクリックお願いします☆
by tiny tree  at 23:39 |  アロマ&ハーブ |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。