新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

たき火の放射性物質について

子どもの外遊びを推進する現場にいるものとして、外遊びの重要性もふまえつつ、放射能から子どもを守るための取り組みの重要性を広く社会で共有したいと試行錯誤してきました。

その中でも特に、たき火については危険性を感じ、制限の必要があるのではないかと疑問に思っていました。

今調べていたら、お隣の佐倉市では薪ストーブの使用に関して通知があったので、かいつまんで転記しておきます。

<佐倉市の通知>
○薪ストーブ等を使用する場合は、その使用に伴い発生する灰が高濃度に ならないよう、できる限り流通している薪(林野庁の指標値である40Bq/kg以下のもの)又は安全が確認されている薪を使用すること。やむを得ずそれ以 外の薪を使用する場合には、放射性セシウムが付着している表面の部分を取り除いて使用することが望ましいこと。

○17都県(※)以外の地域において採取されたもの
※17都県:関東地方(1都6県)、東北地方(6県)に新潟県、山梨県、長野県、静岡県を加えた区域。

(保管方法や3.11以前に採取されたものについての記載は省略)

・灰の扱い
周囲への飛散や雨などでの流出を防止するため、灰をビニール袋等に入れ、人が立ち入らない場所または土壌等により放射線の遮蔽ができる場所に保管してくださいますようお願いいたします。

佐倉市HP
http://www.city.sakura.lg.jp/haiki_taisaku/osirase/osirase_makisutobu.html

環境省では、
薪の灰については、その安全性が確認された場合を除き、庭や畑にまくことなく、市町村等が収集し、保管・処分等を行うこと。
となっていました。

環境省HPに東北や関東65カ所での薪、灰の調査結果が出ていました。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14885



八千代市のHPには記載ないようです。
農家には野焼きの自粛の通知があったと聞きましたが。。


八千代では、プレーリーダーの間では今後のたき火は「廃材を使用しよう」ということに決めています。
廃材の寄付が欲しいところです。

by tiny tree  at 22:56 |  未分類 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。