新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

麹仕込み

昨年林弘子さんの本を図書館で借りて読んでから、麹の仕込みもやってみたいとずっと思ってましたが、忙しくてチャンスがありませんでした。
お正月は5日くらいまとめて休めたので、この機会に!とやってみました。

種麹からやる方が初心者向けなのだけど、買ってなかったので、麹をスーパーで買って来て「共麹法」という、麹そのものをスターターにする方法にチャレンジ。

麹

1、3合のお米を、といで40分以上水に浸す。
2、ざるにあけて、30分以上水を切る。(水を切った方が蒸し加減が均一になるということだそう)
3、蒸し器にふかし布を敷いて、米を広げて40分蒸す。米が、握ればくっつくけどぱらっとなってる程度。
4、蒸し上がったら消毒した容器に広げ、切り混ぜて手早く冷ます。
5、40℃以下まで下がったら、麹を200gほぐして加えよく混ぜる。
  35℃くらいで保温する。1〜2日保温すると麹の白い菌が繁殖し始める。麹菌が活着し始めると自ら熱を出すので、放熱させるように時々かき混ぜる、と書かれている。
(林さんの本ではなく、ネットで調べた情報
主にクックパット「発酵で遊ぼう」

今回は、浅い鍋に広げて、濡らしたふきんをかけてオーブンレンジの「発酵」機能で保温しました。
2時間がマックスなので、初めは2時間を何度か続けて、だんだん1時間スイッチを入れてしばらく放置、という具合に少なく。

麹2

途中、スターターの麹が黒っぽくなって来て、温度が高すぎて違う菌が繁殖しちゃったかと心配しましたが、どうにか大丈夫だったようです。
11853134806_aee6fab3c9_b.jpg

写真小さくならない…^^;
(元がでかすぎた)

この時期にやったのは正解だったかも。
温度が高い方が、出来上がりは早いけど、管理が難しいようです。

麹って買うと結構高いので、これで経費節減できるし、米の産地にも悩まなくて済むから嬉しい〜(^^)


パン用の天然酵母を起こしたいのだけど、寒くてちっとも発酵してくれない。
梅ジュースの梅に水を足したもので梅酵母。
仕込んで1ヶ月でようやくぶくぶくと。

梅酵母

ふたを開けるとアルコールの香り。
酒になってる〜
甘くてシュワッとしてとてもおいしい。
アルコール度数は糖度の半分になるそうです。

これでパン種を起こします〜
by tiny tree  at 21:01 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。