新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

ピール作り方<シロップの糖度を上げていく作り方>

<分量>
柑橘の皮 適量(3?4個、300gくらいが作りやすい)
砂糖(グラニュー糖) 皮の重さの1.5?2倍程度

*お鍋はステンレスかほうろうのものがよい。

<作り方>
ピールの作り方<煮詰めるタイプ>の(1)?(4)まで同じ。
皮の重さは剥いてすぐに計っておきましょう。

(5)柔らかく煮た皮は、切らずにざるにあげておく。
鍋に300ccの水を入れ、砂糖200gを煮とかす。
砂糖が溶けたら皮を入れ、4?5分火を通す。

(6)煮沸して水気を切ったビンに皮をきっちりつめ、シロップを上から注ぐ。
1日に1?2度ビンを揺すって、3?4日おく。

ピール瓶詰め


*皮が水面から出ているとカビが生えやすいので、なるべくビンに押し込んで出ないようにします。
でも、柔らかいので、破れないように注意。


(7)3?4日たったらシロップだけ鍋に取り出し、火にかける。
残りの砂糖の半量(120?150gくらい)を入れ、煮る。
ぐらぐら煮立ったシロップを熱々のうちに皮の入ったビンに注ぐ。

ピール1

*シロップがビンに残らないように取り出します。

(8)2?3日後、これをもう一度繰り返す。

(9)さらに糖度を上げるため、もう一度シロップを鍋にとり、煮詰める。
最初の半量以下くらい、どろっとはちみつくらいの粘度になるまで、弱火で焦がさないように煮て、熱々のうちにビンに戻す。

*水分量が少なくなっているので、シロップから出た部分にシロップをかけるように、時々ビンを揺すってあげます。

(10)1?2日後、オーブンシートか金網の上に広げて干す。
私は日に当ててしまいます。

ぴーるほす

(11)1?2日して表面が乾いたら、細く切り分ける。
しっかり乾燥したら、冷蔵庫か冷凍庫で保存する。

*今のように気温の低い時期は大丈夫ですが、気温が高くなると、水にさらしっぱなしにしていたり、ビンを揺すってあげないと(砂糖が入っていても)カビが生えたりしますので、ご注意。

この方法だと、鍋に張り付いていないといけない煮詰める方法と違って、空いた時間にちょこちょこできますが、できあがるのに1週間以上もかかるので、どちらかというと私は、煮詰める方が楽な気がします。
でも、なんとなくこの方が、よく仕上がる気がして、私は好きです。
あまり煮詰めないからか、香りが残りやすいような気がします。
by tiny tree  at 15:25 |  レシピ・保存食 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。