新緑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by tiny tree  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

もちもち湯だねパン

生協のカタログで『60分でもっちもち湯だねパン 』という本を見つけ、思わず買ってしまいました。
先日届いたので、早速試作しまくってます(笑)

少しの薄力粉に熱湯をかけた湯だねをつくっておいて、3分だけこねて一次発酵なしで分割。
10分ベンチタイムで2次発酵25分、というスピーディーさ。
ドライイーストを使うレシピだったけど、もちろん私は使いません(笑)

湯だねパン

白神こだま酵母でレシピ通りに焼いてみたら、すごいふっくら焼けてびっくり!

湯だねなんてほんの少しなのに。どうして発酵させないでも膨らむの??

天然酵母を使ったものは、ほんの少し、15分とか20分とか1次発酵させるといいみたい。
2次発酵は、昨日は1次発酵なしでやってみたものは1時間半くらい。今日は1次発酵少ししたので40?50分で焼いてみました。

ゆだねパン食パン

<食パン?四角いパン>

酒粕酵母   105g
強力粉    180g
全粒粉     70g
塩       4g
砂糖    小さじ1


白神こだま酵母 小さじ1
強力粉      200g
全粒粉(粗挽き)  85g
小麦胚芽      15g
塩         6g
砂糖    小さじ1と1/2



じっくり発酵させたもののうまみにはかなわないけど、ふっくらもちもちに焼けて、これはこれでおいしいです。
子どもにはうけそう。
酒粕酵母のうまみもそれなりに残っています。
これなら休みの日の朝、起きてからパンを作り始めても、朝ご飯に焼きたてパンが食べられますね?

左下はコーンブレッド。
コーンブレッドのレシピって私好みのものがなかなか見つかりません。
アリスファームの宇土巻子さん(心密かに憧れているのです。。)の『カントリーキッチン』に載っていたものを参考に、少しアレンジして作りました。
型にオイルを塗っておくの忘れて、ぼろぼろですが・・・(^^;)


<コーンブレッド>

コーンミール  1カップ
薄力粉     1カップ
コーン     1カップ
ベーキングパウダー 小さじ1
重曹       小さじ1強
酢       大さじ2
りんご酵母液   小さじ2強
サラダ油(バターでも) 1/4カップ
卵        1個
牛乳      160ccくらい
塩       小さじ1/2
はちみつ    大さじ2
玉ねぎみじん切り1/2個はバター少々で透明になるまで炒めて、冷ましてから混ぜる。


良く見かけるのは、卵やバターたっぷりで、コーンミールの配合が少なくて、砂糖も多くておやつみたいで、納得がいかないのです。
上の本にも載ってたけど、そういうのはハレの日に食べるものではないのかなぁ、庶民はそんな贅沢なものを普段食べないでしょ、と思うのです。
日本人だって、例えばお寿司は祭事食で、いつも食べてるわけじゃないでしょ、と。
普段から贅沢なもの食べてたら健康に良くないし。

思うに、ハレの日のレシピの方が残りやすいのではないかな。

ともかく、これはなかなか味はおいしかったけど、ぼろぼろなので(汗)、もう少し研究の必要ありです。

下はフマス
ひよこ豆のペースト。
こういうの大好き?

フマス

昨日おやつに作ったいちご大福。
すごい不細工でお恥ずかし。。。

苺大福

どうも美しく仕上げることができません。。
その上、子どもたちの食べ方のすごいことといったら。

でも、みんなで食べることも、作ることも堪能できた連休でした?
おばあちゃんさまさまです(^^)

↓よかったらクリックお願いします☆

by tiny tree  at 21:04 |  レシピ・天然酵母パン |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tiny tree

Author:tiny tree
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。